帽子と育毛

帽子ははげの原因になるといわれていましたが、実はそれは大きな間違いなのです。帽子を被ることで、はげるケースもありますがそれは正しく帽子を使用していないため頭皮環境が思いっきり劣化しているためです。今回はそんな帽子と脱毛の原因と、育毛法に関して紹介します。

帽子を正しくかぶらないと脱毛の原因に

良く男性の脱毛でも帽子を正しくかぶらないことでハゲになるという話を聞いたことは無いでしょうか?それは、嘘ではなくて本当の事実になります。帽子をかぶることで、頭皮の湿度があがり、乾燥をしなくなるため皮脂が毛根に詰まりやすい状態が生まれてしまいます。そのため髪の毛に皮脂が栓の様に詰まると本来の呼吸の機能ができなくなってしまうので、正常な毛根の生育ができなくなってしまいます。ですが、本来は帽子は髪の毛の生育に必要な環境を整える必須アイテムになります。使い方が判っていないため、こうした問題が発生するようになってしまっているのです。その場合は、正しく帽子を選んでいないことが大きな原因になります。帽子を選ぶ際何を基準に選んでいるのでしょうか?もし、貴方がデザイン重視のみで帽子を選んでいる場合は、帽子によって脱毛が発生する原因になってしまうのです。正しく帽子を選ぶということはその分、頭皮環境を正常に整える、加えて、過酷な自然現象のストレスから頭皮を護るといった大きな役割を持っています。もし、間違った偏見で帽子を選んでいる場合は、問題が起こるので、今一度自分が選んだ帽子が、きちんと頭皮にとって良い帽子なのか踏まえて選ぶようにすることは大切なポイントになるのです。

間違った帽子の選び方

帽子を選ぶ際には最初にサイズです。サイズで少しキツ目の帽子を選んでいる人いないでしょうか?被った感じがするし、風で飛ばないし、と言った特徴で選んでいる人がいます。ですが、注意点があります。その分頭皮を圧迫させて、通気性を悪くしているといった問題が起こるのです。頭皮の圧迫は正常な皮膚呼吸を抑えてしまうのでこの時点でも大きな問題になります。また、押さえつける大きさだとどうしても問題になるのが通気性です。通気性が悪化すると、頭皮が正常な皮膚呼吸が出来ないため、頭皮から髪の毛が抜けるといった現象が発生してしまうようになります。正常な頭皮の呼吸を妨げるような帽子のかぶり方はあまり良くありません。また素材も重要な要素で、帽子を被る際には、素材の通気性を無視して商品を購入しているケースがあります。その場合は、頭皮に多くの皮脂が詰るようになりますので、頭皮の炎症が発生しやすくなってしまうのです。そのため、頭皮の呼吸が悪くなったり、皮脂が多く詰まってしまう状態を避けるのが基本になります。

頭皮環境を悪化させない帽子のかぶるメリット

正しく帽子を被るということは以下の様なメリットがあります。最初に帽子の中でも通気性が良い状態のまま帽子をかぶると、外気によるストレスを解消することが出来ます。夏は、直射日光の影響や冬は寒い風にさらされることで、頭皮には生理的な大きなダメージが発生するようになります。ですが、帽子をかぶると、洋服でいう下着の役割に近いものを持つようになるので、頭皮環境が悪化しにくくなるのです。また、有害な紫外線もUVカット素材の物を選べば、頭皮に有害な紫外線が注がれることも無いので、健やかな頭皮の維持を約束することが出来ます。

まとめ

頭皮環境を悪化させる原因になっている帽子は、実は正しい帽子のかぶり方さえ知っておけば、頭皮環境を保持できる大きなアイテムになります。通気性が良い、サイズがあっている帽子を被って、自然の変化によってかかる頭皮のストレスを減らすことが出来るのです。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です