眼精疲労の解消が育毛・発毛に繋がる?

自分の髪の毛が薄い原因が、実は眼精疲労が原因って想像がつかないのでしょうか?実は、眼精疲労は髪の毛の大きな抜け毛の原因なのです。知っておいて欲しいのは、その生活習慣を改善してケアを行いわない限りは決して治ることがないのです。今回は、眼精疲労を解消すると育毛、発毛の方法を紹介します。

どうして眼精疲労で脱毛するのか?

眼精疲労、この言葉を聞いて、目だけに原因があると思う人、実際多いのではないのでしょうか?実は眼精疲労は大変頭皮の環境に大きな要因を持っています。人間の目の周辺には、非常に多くの筋肉があります。目の周辺には、人間の体の中でもより多くの細かい筋肉を含む筋肉があります。長時間人間が同じ姿勢で、物を同じ距離見ると、その目の周辺の筋肉がこってくるようになります。そのため、水晶体のピントを合わせる機能が、劣ってしまって視力が悪くなるといった現象が発生します。ですが、それ以外にも目の周辺の筋肉は顔につながっています。また、その、顔に繋がっている筋肉は頭皮にもつながっています。もう気づいたでしょうか?目の周辺の筋肉が凝ると、頭皮の筋肉も凝ってしまい、その中にある毛細血管の幅も狭くなります。毛細血管の幅が狭くなることによって、十分な栄養分が取れない、また血流が悪くて老廃物が溜まるといった問題が発生するので、が慢性的な眼精疲労によって髪の毛が抜けてしまうのです。

肩こり、首こりも頭皮環境の悪化の要因

また、長時間同じ距離でモニターを見る場合は、肩こり・首こりも引き起こすようになります。肩こり・首こりの厄介な部分は、その部位の疲労だけではなくて、周辺の血流の悪化も引き起こします。頭皮に行き渡る血流は必ずと言っていいほど、首を通過します。この首が凝っていると、首から栄養分が豊富な血液が行き渡らない、首の凝りの原因になっている疲労物質の解消といった事に栄養分が使用されてしまうので、肝心な頭皮に栄養分がいかなくなります。そのため、頭皮に十分な栄養分がないために、髪の毛を生やす栄養分が減少してしまうのです。減少すると当然髪の毛を生やす栄養分を犠牲にして、人間が生きていくための機能を優先にします。故に、肩こり、首こりも引き起こす眼精疲労は本当に危険なのは、このためなのです。解消するだけでも、頭皮環境が格段に良くなるのです。

悪化してしまった頭皮環境を改善して、育毛・発毛につなげる方法

悪化してしまった頭皮環境を改善するために習慣づけたいのは、一定時間のモニターを見たら、蒸しタオルで良いので、当てて目の周辺の筋肉を解すことです。もし、無理な場合は入浴中で良いので、目を閉じてください、そして深呼吸をするだけでも、かなりの眼精疲労の解消になります。また、壁に手を当てて、体の体重をかけ腕立て伏せを行うような運動をするのも効果的になります。腕立て伏せが無理な人でも比較的負担にならずに運動を行うことが出来る方法です。適度な凝りをほぐす運動を取り入れつつ、デスクワークをすると、頭皮だけでなくて頭全体の血行も良くなるので、効率も上がるようになります。

まとめ

眼精疲労は意外にも頭皮の環境を悪化せるために、髪の毛の生育が非常に悪くなる傾向があります。髪の毛の生育には、血行が良いことが何よりも大切なのです。普段同じ姿勢を取っている人は、適度な運動を行うことによって、首筋及び周辺の血行を良くすることが大切になります。適度な筋肉のこりをほぐすことによって、血行が良くなり、頭に注がれる血液の量が増えることも大きなポイントになります。数時間ごとに適度な体操や蒸しタオルでほぐすことも大切なことです。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です