髪の毛が長いと薄毛になりやすいは本当か?育毛・発毛の迷信

0a76e3e329dbaf2f5ea7bdba650f4589_s

多くの女性が髪の毛の薄毛に悩んでいますが、実際に髪の毛の長さが薄毛に関係していると思っている人がいます。ですが、自由に女性は髪型を楽しみたいものです。本当に髪型によって薄毛になるのか?その疑問を紹介します。

髪の毛が薄く見える髪型

育毛・発毛を行う前に、自分の髪型が髪の毛が薄いと見られてしまう髪型があります。それは紛れも無く髪の毛が長い髪型になります。髪の毛が長いとどういった部分が問題になるのでしょうか?それは、髪の毛が長いと髪の毛の毛根にかかる重量が著しく増えます。そのため、髪の毛の重さ自体が、髪の毛にかかることによって沈んでしまうといった事実が発生します。そのため、髪の毛が短い髪型の方が、髪の毛が長い髪型よりも髪の毛の本数がよく見えるようになります。若い時は見た目上差が見えないようになっていますが、それは髪の毛自体が非常にコシがあって、髪の毛の毛根がしっかりしているといった特徴があります。そのため、髪の毛の重さがあるものの、コシが有るおかげでカバーできているのですが、それができなくなってくると、髪の毛がペタンとなってしまい、その結果髪の毛が本数がある割に薄く見えてしまうのです。なので、発毛・育毛の対策を取る間にコンプレックスになる場合は、髪型を変えるのがおすすめになります。

髪型で薄毛になると言われている髪型とは?

髪型で薄くなると言われているロングですが、実は、薄くなるヘアスタイルはあります。単にロングだけなら、髪の毛はそこまで、髪の毛が薄くなるといった問題は発生しません。育毛・発毛を気を配るのであれば、基本髪の毛の髪型でも、髪の毛を上げるポニーテールの髪型が一番毛根に負担が来るので、薄毛の発生原因になります。ポニーテールを作ってお団子をする場合もリスクは有りますが、ポニーテールのように長い髪の毛が揺れることによる、毛根の負担は減少しますがそれでもダメージはあり、実際に同じ髪型をし続けたことによる、頭皮の疲弊といった症状は発生しているのです。つまり、薄毛にならないようにするにはこのような髪型を毎日することを避ける事が大切になります。

髪の毛が長いと薄毛になるという意味は?

髪の毛が長いと実際に髪の毛が傷んだりした部分が目立ったり、同じ毛根の本数だったとしても髪の毛が薄く見えやすいのは事実です。頭皮のケアをするにしても、髪の毛の本数が少ない分、しっかりとマッサージ等を行いやすいといったことも知られています。もし、髪型を変えて、頭皮のケアをしっかりしたい場合はボブよりも短めの髪型がおすすめになります。髪型で育毛や発毛のケアに違いがあるのであれば思い切って切ってみるのも一つの手段になります。薄毛になると、かえって、髪の毛を切ることに抵抗感がありますが、切るというよりも、手入れをすると考えるようにするのが大切なポイントになります。手入れというのは、定期的に植物が生えている状態を放置していると、植物が多くなってしまって、健やかな成長が見込めない状態があります。そのため、定期的に切って、土に栄養分や水分の吸収を良くすることになります。頭皮も皮膚呼吸をしているので、その部分を踏まえて、気をつけることが大切です。長いままの伸びっぱなしの状態を放置するのではなく、髪型さえ気をつければ、髪の毛は健やかに成長するのです。

まとめ

髪型によって髪の毛が抜けやすいというのは、髪の毛自体の重さによって髪の毛が薄く見えることと、髪の毛が長い人が毛根に負担がかかるポニーテールのような髪型をしているといった事が原因になります。短いほうが手入れもし易いといったこともあり、迷信が発生するようになっています。育毛・発毛に気を配るのであれば、髪型ではなくて、頭皮の負担を減らすことが大切なのです。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です