髪の毛の抜ける本数と育毛・発毛対策

一日に髪の毛の本数が多いのは髪の毛の抜け毛対策が必要かどうか見分けがつかない場合があります。どれくらい抜け毛があればその対策が必要なのか?その目安を含めて今回は紹介します。

そもそも髪の毛が抜けるってどういうことなんだろう?

髪の毛の成長に関わる細胞は、一概に成長を繰り替えているわけではなくて、生えてきたら一旦延ばすのを止めるといった周期によって変化します。生えて延びる期間を生育期、伸びない期間を休止期といいます。髪の毛が抜けるという状態は、生育期から休止期までの間に切り替わる状態を指します。この状態の変化を、髪の毛が抜けるといったことを示し、正常な現象になります。つまり、髪の毛自体が延びること、抜けることには何ら問題はありません。問題なのは、髪の毛が抜けている自体の時間が長くなることと、同時に同じ場所で髪の毛が抜けるといった現象が起こるといった状態が長期間続くことが大きな問題になります。髪の毛が抜けるのは生理的なスパンであり、抜ける現象自体には問題はありません。問題は、一定期間の休止期の後に髪の毛自体が一切生えなくなってしまうことが大きな問題に繋がってしまう現象になります。

髪の毛の抜ける時期は季節的な影響がある

髪の毛の抜ける時期は季節的な影響があります。実は髪の毛の抜ける時期は、季節によって抜ける本数が大きく変わるのです。髪の毛の一番抜けやすいのは秋で、最高で、一日150本の髪の毛が抜けるようになります。この本数が一年の中の最高の本数で、冬に抜けて抜ける本数自体が減少していきます。つまり、この一日150本よりも髪の毛が抜けている場合は、抜け過ぎということになります。この本数を超えてしまっている場合は、頭皮ケアを含めて、頭皮ケアが必要になってきます。知っておいて欲しいのは、髪の毛の抜ける時期には季節的な変動があるので、その多い時期だと以前よりも抜けていると勘違いしてしまう点にあります。この部分をしっかり気をつけて、髪の毛の抜ける本数を数えるのが基本になります。抜ける本数で頭皮ケアの必要性や、育毛、発毛に気を配るならその部分が基本になります。

髪の毛の抜け方で危険なケースとは

髪の毛が抜ける場合で危険なケースは、毛根が細くて髪の毛がやせ細ってしまうケースがあります。つまり、髪の毛の生え、栄養分を吸収する部分が、細ってしまっていて、抜けているケースです。この場合は、頭皮にしっかりと毛根が張っていない、毛母細胞自体が死滅しているといった特徴があります。そのため、この段階の場合は、髪の毛の抜け毛を扱う病院での治療が必要なレベルになります。また、同じ部分の髪の毛が抜けるのも危険なケースであり注意は禁物です。一時的にその部分の箇所の症状なのか?予兆なのかは素人ではわからないものなのです。知っておいて欲しいのは、抜け方と毛根をしっかり見て、髪の毛の毛根の状態を見ることです。また、毛根の状態がしっかりしていても、一日100本別々の時間帯ではなくて、一度に起床時に抜けるといった現象がある場合は、これも抜け過ぎになります。櫛やゴムで止める、シャンプー等で100本ぐらい一度に抜ける場合も大きな問題です。育毛剤レベルや発毛剤レベルでは対応できないので専門的なところでの診察が大切になります。

まとめ

髪の毛の抜け方で、育毛・発毛を専門的なところで受ける段階か、そうでない場合のケースを見分ける方法があります。髪の毛の抜ける本数が一日200本以上あるケースや、抜ける場所の箇所が同じなケースの場合も頭皮の警告であると考え、発毛・育毛に関する病院に行くことが大切になります。より早く変化に気づく参考になれば幸いです。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です