60代以降の女性の育毛剤・発毛剤の選び方

6e3653713ebbf1cee9925f67e89f22fa_s

最近は年をとっても元気な女性が増えてきています。体が若々しいのに髪の毛は残念と悩む方も多いのでは無いでしょうか?若いころに比べて髪の毛の状態は劣ってしまうことは否めませんが、ケアを行うことで、進行を抑えることが可能です。今回は、そんな60代以降の育毛剤・発毛剤の選び方を紹介します。

60代以降の脱毛の原因ってなんだろう?

更年期を終わった時点で女性は若い頃に比べて女性ホルモンの量が減少しています。そのため、頭皮環境を維持できる状態や効果が無い事になります。更年期を経て一気に脱毛が増加するのはこのためです。頭皮環境を良くしているエストロゲンは、頭皮の血管の拡張し、頭皮の健康状態を維持する作用を持ち、加えて頭皮を柔らかくする作用を持っています。つまり、頭皮を柔らかくする作用を持っている物がなくなってしまうので、急激に毛根が頭皮から栄養分を吸収しにくい状態になっているのです。故に、60代以降は、このエストロゲンの働きを補う形の栄養分を持っている発毛剤や育毛剤の商品を販売することが大切になってきます。そのため、商品には血行促進と言った効果が高い商品を使用するのが大切になってきます。知っておいて欲しいのは、こうした商品を使用する際には、注意が必要になります。血行促進の商品を選ぶことで、頭皮環境を改善することは可能なのです。

60代以降の育毛剤・発毛剤の注意点

60代以降の肌は基本的に、乾燥肌が多くなります。これは、頭皮の頂上の部分が紫外線があたったり、また髪の毛のコシがなくなるため、頭皮に大きな負担がかかるようになります。故に、頭皮環境を改善するには、この部分のケアが大切になります。ですが、過剰なオイルを使用するオイルマッサージは、逆に毛根をつまらせる原因になります。若いころは肌のハリがあり、調度よい油分であったとしても、年齡を経て頭皮の質を考慮した時に必要なのは、細胞に対して与えられる、水分を優先に与えることが大切なのです。水分と油分のバランスを間違えた頭皮ケアを選んでしまうと、60代以降の脱毛の速度が早くなるので注意が必要になります。頭皮環境で知っておいて欲しいのは、自分の頭皮が若い頃よりも遥かに水分不足になりやすいといった性質があるといったことを知っておき、ケアをする育毛剤や発毛剤を選ぶことなのです。

60代以降の育毛剤・発毛剤の成分

60代以降は育毛剤・発毛剤は変えるべきで、40代の薄毛の頃から使用している成分と同じという人も少なくありません。ですが、もし、効果がなくなってきているなら、自分の頭皮環境が大きく変化している意味があります。実は、本来なら、40代・50代の発毛剤・育毛剤の成分と、60代以降では成分が大きく変わっています。その大きく変わっている部分に、ホルモンのバランスを整える成分です。40代や50代は、女性ホルモンの分泌があるものの、バランスが乱れていることで抜け毛が発生している事例が多く、このバランスを整える成分を中心に販売しています。ですが、この成分はあくまで分泌されている成分があってこそバランスを整える作用があるのですが、60代以降はホルモンの分泌がされていないがために、意味のない成分となっています。それなら、頭皮から吸収されて、血行を促進する成分が入っている商品の方が効果があるのです。

まとめ

60年台以降の育毛剤・発毛剤を選ぶポイントは基本的に40代と50代とでは大きく変わってきます。女性ホルモンのバランスを整える成分は必要なく、寧ろ血行を促進する成分にシフトしたほうが作用が大きいのが特徴になります。また、若いころに比べて頭皮が乾燥している傾向にあるので、若いころとおなじ感覚で、油分の補給は避けるのが基本です。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です