毛先の形で判断できる自分の発毛法と育毛方法~3~

3fe026b7bc3b6f807f25100e665ebb22_s

髪の毛を毛先を見るだけで、自分の頭皮のケアに何が必要なのか、しっかりと調べることが出来ます。今回は、そのポイントを中心にしっかりとした解説と何をすべきかと言ったケアの方法に関して、紹介します。自分にあった最善な方法を選ぶ参考になれば幸いです。

毛先に白い膜のような物がある

抜いた毛先に白い膜のような物が付いているケースは、これは毛包という組織になります。毛包の役割は毛根を包み込んでいる組織で、毛乳頭を含む髪の毛を生やすために必要な組織全般を指す用語になります。これが軽く引っ張っただけで抜けてしまうケースは、毛穴に多くの皮脂が詰まって抜けやすい状態になっていると考えて良いのです。つまり、根本は、根を張って伸びている箇所に人間の頭皮の皮脂が詰まっていることで、その部分の根っこの部分と頭皮に隙間ができている状態になります。つまり、こうした隙間があると、必然的に髪の毛の毛乳頭が頭皮から栄養分を吸収できない症状になります。また、油分が酸化して頭皮の皮膚組織を溶かすレベルになる前触れでもあります。簡単に毛包の組織まれも取れてしまう場合は、頭皮環境を改善する必要があり、油物の摂取を控えるといった事が大切になります。

髪の毛の毛先に、小さな毛が生えている

髪の毛の毛先に小さな根っこが生えている状態も異常な髪の毛の生育の一つになります。本来人間の髪の毛は、一つの毛根に対して一本の髪の毛が生えます。別れて根っこが生えるということは、その部分の毛乳頭自体だけで十分な栄養の摂取ができていないといった状態が発生します。つまり、必然的に、根っこが張りにくい環境になっていることなのです。発毛・育毛を意識したのであれば、この根っこが張りやすい環境を整えるのが基本になります。その方法で一番多いのが、頭皮マッサージとスカルプケアになります。また、育毛剤を使用して影響分を補給すれば改善するレベルになります。しかし、この根っこの状態を改善するには2~3ヶ月ほどかかります。そのため、長期戦で、髪の毛の毛先を含めたケアを行うのが必須になります。またこうした小さな毛が生える段階になると毛の部分の質が悪くなり始める前触れでもあるので、この段階になった場合はヘアカラーは危険です。毛乳頭を傷めないように、気を配っていく必要性があります。

そもそも毛先って何?毛先がない状態

毛先が全く無い、髪の毛を切ったのと同じような状態もしくは毛先の毛乳頭の形自体が無いといった場合は、これは緊急性を要するレベルのダメージになります。髪の毛の形状があっても根っこがない状態になるので、これは今すぐにでも病院に行って抜け毛の相談をすべきレベルです。髪の毛の毛乳頭がない、機能が著しく劣化している状態になります。そのため、マッサージなどに行くのではなくて、専門の抜け毛対策の病院で効果的な治療を受けたほうが良いのです。髪の毛を抜く瞬間も痛くもなく。すっと抜ける症状になるので、かなり重症度が高いです。病院に行って、治す、加えて食事等にも気を配りつつ治療を行うようにしてください。サプリメントといったものでは治しきれない程、重症度が高い症状になります。そのため、小手先のケアではなくて、しっかりと専門の方に診てもらって自分にあったケアを行うようにして、しっかり治すことをおすすめしたい症状になります。

まとめ

頭皮に生える髪の毛には、いろんな症状があります。その症状に対してしっかりと対処できる知識を持っていれば最小限のケアを時間と費用で、髪の毛の育毛と発毛が可能になります。治療の方法を選ぶ参考になれば幸いです。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です