毛先の形で判断できる自分の発毛法と育毛方法~2~

髪の毛の毛先で自分の頭皮環境や髪の毛の生育にどのような影響を持っているのか?よく見ると知ることが出来ます。抜けている髪の毛には、自分の髪の毛の生える状態を映し出す鏡のようなものなのです。今回は、その毛先と具体的な症状に関して紹介します。

毛根の形がいびつ

毛根の形が細い、もしくはガタガタしている、髪の毛よりも細いといった状態を指します。この状態の時は正常に毛根が頭皮に刺さっていない状態になるので、必然的に髪の毛の全般あたりの寿命が短くなります。一般的に髪の毛の成長期は3年~4といった長期スパンなのですが、この周期が短い状態になりますので、必然的に抜け毛の量が、放置をしていることで発生するようになります。つまり、緊急性は無いものの、髪の毛の育毛のケアをするには、この段階で対処をすると、髪の毛が健やかに成長しつつ正常な状態に戻せる段階になるのです。この段階の必要なことは頭皮環境の改善になります。自分の頭皮にあってないシャンプーを使用していないか?ヘアケアを一旦見直すことや、食習慣や、飲酒といった部分の改善といった事の軽度な改善で、頭皮環境を良くすると必然的に治すことが出来る段階です。育毛剤よりも、生活習慣を改善して、治すのが得策なのです。

毛先が膨らんでいない

毛先が膨らんでいない毛先を持っている人は、基本的に若い女性が多くなる脱毛の原因を持っている場合に発生しやすい毛先です。毛先が膨らんでいないのは、栄養不足だからです。つまり、十分な多くの栄養分を吸収できないため、毛乳頭の細胞がやせ細ってしまっている状態になります。吸収する栄養分が少ないために、その分、生やしている根っこがやせ細っているイメージと考えて良いのです。つまり、知っておいて欲しいのは、この毛先が膨らんでいない状態は、栄養失調の状態になります。過度のダイエットをして十分な栄養分を持っていない毛先に発生する症状になります。髪の毛に必要なアミノ酸や、ビタミン、ミネラルを摂取していますか?これらの栄養分の摂取に偏りがある場合はこうした毛先になります。改善をするためには、食生活を意識するとともに、特にビタミンやミネラルを体から追い出してしまうような生活習慣を避けるのが基本になります。つまり、健康を意識するなら、ビタミンや、ミネラルの摂取を大切にしつつ、健康を維持するのが得策なのです。マルチビタミンの摂取をしつつ、インスタント食品の摂取を控えるだけでも改善することが出来、育毛・発毛効果が期待できます。

髪の毛の長さが短い

髪の毛の長さが以前よりも短くなっている症状が出ている場合は、髪の毛の頭皮が非常に固まっている状態になります。頭皮が硬いということは、その分、毛根が頭皮に十分成長できないということを指し、その分髪の毛の生育が良くないといった状態を示します。故に、髪の毛の太さは変化しない物の、髪の毛が抜けやすくなってしまっているのが実情なのです。髪の毛をしっかり生やすために、やるべきことは基本的に頭皮をほぐすマッサージを行うのがポイントになります。頭皮マッサージを行うことは、頭皮の中にある毛細血管の径を広くさせて血行を良くさせる効果でだけでなくて、頭皮自体の凝りをしっかりほぐすことも可能になります。しなやかなハリのある頭皮を作ることが、このケースの場合の頭皮環境の改善に繋がり、発毛・育毛効果が期待できるのです。

まとめ

頭皮に生える髪の毛をしっかり観察することはその分頭皮環境の改善や健やかな髪の毛の生育に大きなメリットを持っています。そのため、必然的に健やかな髪の毛となり、軽度のケアで発毛と育毛効果を期待できるのです。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です