毛根の形で判る自分の発毛法・育毛法

髪の毛の毛根の形で、実は自分の髪の毛があまり生えない原因を探ることが実は可能です。生えている髪の毛のシグナルをしっかり読みきれば、重症になる前に対応することで、髪の毛の抜け毛の対策をすることが出来ます。今回は、毛根の形で判る、自分の発毛法・育毛法に関して紹介します。

正常な毛根とは

まずは自分の髪の毛の毛先が正常な毛先の形をしているかどうか、知っておくべきひつようがあります。本来の髪の毛の根本は、髪の毛よりも根本の部分が太いのが特徴になります。根本の部分が太く形状はマッチ棒のような形をしています。マッチ棒のような形なので、丸い形をしています。また、毛の先の部分には、黒い色素が入っておらず、白い部分がくっついています。この部分が毛乳頭とその毛乳頭に栄養を与えている毛先の部分になります。この部分に色素があるのは正常な細胞でないということなので、注意が必要になります。また、髪の毛の長さが本来よりも短くなっている場合も、正常な毛根をしている状態だったとしても注意が必要になります。そして、髪の毛が1mm程の太さをもち触ってみてパサツキがなく、こしがあるのが正常な髪の毛の状態になります。自分の毛根と髪の毛がこのような状態からどのように変化していることか判断できると自分の髪の毛の生育環境を知ることが出来るのです。

髪の毛の根本が白髪

髪の毛の抜け毛の原因と勘違いしやすいのが白髪です。白髪は、年齡を経た人間によく出るイメージが多く、老化の原因と勘違いしてしまうケースがあります。これは、半分当たっていて半分違うのが現状です。髪の毛の抜け毛の原因には、白髪は関係ないのです。白髪の原因は髪の毛を作る色素のメラニンが生成されない状態になって初めて発生します。このメラニンを作っている細胞と、色素を作っている細胞はあまり直接的な関係は無いのが知られています。ですから、髪の毛の生育には、このメラニン色素はあまり関係ないのです。しかし、メラニンを生成するためには、ミネラルといった栄養分の不足が関係しているケースがあります。多くの髪の毛がある中で、同時に複数の髪の毛の根本が白いケースは、ミネラルの不足の可能性があります。特に亜鉛や鉄分が不足すると発生しやすく、長期間放置すると、頭皮環境の悪化の原因になるので、注意が必要になります。発毛・育毛を意識するなら、ミネラル摂取を心がけるようにしてください。

髪の毛の毛先が黒い

髪の毛の毛先が黒いのは実は髪の毛に取って危険な状態になっています。実は、本来は毛乳頭は白い細胞です。メラニンが毛乳頭の細胞を染色することが無いのです。メラニンが多く発生するということはどういったことなのか?それはストレスが大きな関係を持っています。メラニンはストレスがかかると、そのストレスから、頭皮や細胞を守ろうとするために生成されます。そのため、ストレスが過剰にかかっている状態だと、メラニンの過剰生成が始まります。すると毛先までも黒くなってしまいます。ストレスは、生活習慣特に、睡眠時間の乱れの状態、また、食生活の乱れも大きなストレス要因です。また、冬や夏言った気候の変化に対して、無理な服装をしている場合でも、髪の毛が育つ環境に多大なストレスを与えていることになります。こうしたストレスが重なっている状態なので、改善をしないと抜け毛、薄毛の原因になります。規則正しい生活で頭皮を含めた体のケアを行うことで、発毛・育毛がし易い環境にすることが出来ます。

まとめ

毛根を知ることは自分の髪の毛の生育環境を知ることに直結します。育毛・発毛で悩んでいるなら、自分の抜けた髪の毛の状態を確認することが基本になります。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です