30代女性の発毛・育毛方法とは

30代の女性は抜け毛の原因が20代と同じものなのか?ホルモン関係のものなのか?悩ましい年代でもあります。自分の頭皮がどうしてこんな現象が起こっているのか?今一度考えて対処法を考えるべき年代でもあるのです。今回は、30代女性の抜け毛の原因に関して紹介します。

30代女性の抜け毛の原因

30代の女性は、仕事でもキャリアを積んで実力が付き多忙な日々を送っているケースがあります。関わらず体力が落ち始めて、体の老化を意識せざるを得ないのがこの年代になります。そのため、20代と同じような油物を食べたとしても、代謝の機能が落ちているため血糖値が異常に上昇している時期になります。つまり、代謝は落ちているので、その分頭皮に油脂が発生しやすくなります。故に、頭皮に油の角質が詰まりやすくなってしまうので、頭皮に炎症が発生しやすくなってしまうのです。その結果、毛乳頭の細胞の働きが劣ってしまうことで薄毛の原因になります。また、30代後半には、プレ更年期の症状が発生し始める人もいます。この場合は、頭皮環境を整えていた女性ホルモンの減少によって発生するので、ホルモンの頭皮環境を整える効果を最大限に出す様な生活習慣に切り替えるのが基本なのです。

30代は食事を意識

30代は体の代謝が変化すると良いましたが、これは必要な栄養分を10代~20代のように摂取をしたとしても、栄養分が体内の吸収が劣ってしまうために、頭皮環境を整える栄養分が著しく減少してしまうと言った問題が発生するようになります。つまり、食事面から、頭皮環境を整える習慣を身につけないと薄毛に拍車がかかるのです。発毛・育毛の基本はその髪の毛に十分な栄養分が届くようにする事が大切で、そのためには、頭皮環境を構築する栄養分を摂取することが大切になります。意識したいのは、タンパク質とミネラルです。タンパク質というと油物のイメージがありますが、低カロリー高タンパクの食事を考えるようにするのが基本になります。低カロリーである意味は、頭皮の油のテカリの原因になる飽和脂肪酸の摂取自体を減少する代わりに、頭皮の栄養分であるタンパク質を摂取することを意味します。また、海藻等や小魚を食べることも大切で、髪の毛の成長にはミネラルが不可欠なのです。タンパク質とミネラルを多く取りつつ、育毛剤や発毛剤を始めるといった事が大切な対策のポイントになります。

30代の育毛剤・発毛剤を選ぶポイント

30代の育毛剤・発毛剤を選ぶポイントは、頭皮環境でしっかり選び分けるのがポイントになります。頭皮の油分のテカリが気になる場合は、スカルプケアを意識した商品を選ぶのがポイントです。先程紹介した、油物の摂取によって過剰な油分を食事と同時に減少させるのが大きな目的になります。毛乳頭にしっかりと栄養分を吸収させるためにも頭皮の皮膚呼吸を意識した商品を選ぶのがポイントです。次に、知っておいて欲しいのが、更年期向けの脱毛対策の商品です。このケースは、自分の頭皮以外に異変がある場合は、こっちを選ぶのがポイントになります。それは、自分の肌の老化が激しくなった場合です。女性ホルモンの減少によって一番影響が出やすいのが、顔の肌になります。肌がカサついている、顔のパーツのたるみといった症状が出始めたら、女性ホルモンの減少を疑っても問題は無いのです。

まとめ

30代の髪の毛の原因は、若いころと同じ生活習慣をしたまま、体の機能の低下によって頭皮に油分が溜まりやすくなっているケースと、プレ更年期による女性ホルモンの減少によって発生するケースが多いのが特徴です。そのため、食事の対策をしつつ、適切な育毛剤や発毛剤を選ぶのが大切な対策になります。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です