20代女性の発毛・育毛方法とは

20代の女性でも最近は抜け毛の問題を意識する方が増えてきました。これは、薄毛が社会的に弱年齢でも発生しやすい要因が大きく見られるようになったからです。年齡によって抜け毛の原因は大きく異なり、一概に女性の抜け毛が、同じ対策で対処できるものでも無いのです。今回は女性でも20代女性の抜け毛に関して紹介します。

20代女性の抜け毛の原因

抜け毛の原因と言ったら、多いのがホルモンバランスですが、20代の場合は、婦人病や過度なダイエットをしていない場合で、女性ホルモンの量が急激に少なくなるといった事態は発生しないのが特徴です。では、その中で抜け毛が発生するのはどのような事態なのでしょうか?一番多いのが20代の場合は血行不良です。血行不良とは、頭皮に十分な栄養分が行き渡っていない状態を指します。つまり、頭皮に十分な血液が行き渡っていないことで、頭皮から吸収される髪の毛への栄養分が足らないといった理由で発生します。つまり、食事を摂取しているのに、頭皮や髪の毛を育てている栄養分不足もこれに該当します。知っていて欲しいのは、食べているからといっても頭皮に必要な栄養分の摂取ができていなければ髪の毛が抜け毛の症状になってしまうのです。

ヘアカラーも要注意

20代の女性はファッションを意識するあまり、髪の毛を染める傾向があります。これも髪の毛の抜け毛が多くなる要因の一つです。髪の毛を染める染料を浸透させるために一旦髪の毛の細胞膜を溶かして、色素を出すようになります。その色素を出す成分が頭皮の地肌についてしまうと頭皮が荒れる原因になってしまうのです。頭皮の肌理が荒くなってしまうとその分、栄養分や細胞内の水分が抜けていってしまう要因にもなります。加えて、紫外線のダメージも発生してしまうので、その分頭皮には大きなダメージが来るようになります。毛根のダメージは、そのまま頭皮へのダメージも直結しているので注意が必要になります、若い女性はヘアカラー代にあまり金銭をかける傾向が少なく、美容室で染めるといった事を避ける人も少なくは無いのです。またストレスがある頭皮に、肌への一番のダメージの要因にもなります。そのため、頭皮が傷んでいると洗って感じた場合は、ヘアカラーを避けただけでも、頭皮環境が改善します。

20代の発毛剤・育毛剤を選ぶポイント

20代の場合はホルモンの要因だけでなくて、栄養や頭皮の血行が大きな髪の毛の抜け毛の原因になります。そのため、注意すべき点は、髪の毛の栄養剤を総合的な効果を持つバランス重視の商品を選ぶことが大切になります。つまり、20代の脱毛は一つの原因だけでなくて、髪の毛の染色が30%、ストレス40%、食生活30%といった複合的な要因で発生し、必要な栄養分が頭皮に行き渡っていないことで起こります。故に、ホルモンバランスを整える商品ではなくて、頭皮に十分な栄養分を与えるような商品にすることが大きなポイントになります。故に、その部分を踏まえて商品を選ぶことが大きなポイントになります。つまり、女性ホルモンの代わりになるようなイソフラボンといった成分が入っている商品ではなくて、ビタミンCと言った頭皮の再生を早める成分が多めの商品の方が効果があります。最後に、育毛剤・発毛剤ですが、価格に関係なしに、自分の頭皮の皮膚の再生や血行を良くする商品を選ぶことが大切なポイントなのです。

まとめ

20代の抜け毛は、50代の女性の抜け毛の進行と見た目は一緒ですが、原因にホルモンのバランスといった部分が入っていないことが特徴です。同じ見た目でも、頭皮がボロボロで発生することが多いのが特徴です。発毛剤・育毛剤とも、ボロボロになっている頭皮の再生を早くする成分が含まれているものに効果があります。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です