びまん性脱毛症とその発毛・育毛対策とは?

びまん性脱毛症は比較的、女性の加齢によって発生することが知られている脱毛で、女性の高い悩みの原因になっている脱毛になります。その脱毛の特徴を知っておけば、発毛育毛に非常に役立てることが出来ます。今回はそのびまん性脱毛症に関して紹介します。

びまん性脱毛症の症状とは?

びまん性脱毛症とは、40~50代の女性中心に発生する薄毛、脱毛の症状を指します。年齡を経るごとに、いつも分け目の部分の髪の毛が薄くなっているといった症状がありませんか?それがびまん性脱毛症の症状になります。症状が進行すると、髪の毛の分け目から地肌が見えるようになってしまい、直接頭皮に紫外線が当たったり、化学物質が当たることによって、更に薄毛が進行してしまうといった症状が発生します。このびまん性脱毛症の原因は、更年期といった女性の体のバイオリズムの変化によって発生するホルモンバランスの乱れ、ストレス、シャンプーの薬剤による頭皮のダメージがあります。また、若年で発生するケースは、過度なダイエットよる必要な栄養分の補給が無いため、薄毛が発生しやすくなってしまうのです。この症状の厄介な部分は、髪の毛の生えるサイクルの周期が変化して、薄毛が目立つようになっているといった症状なので、徐々に進行し、目立った時には、体の栄養バランスといった部分に大きな問題があるといった特徴があります。

びまん性脱毛症の症状のメカニズム

びまん性脱毛症は本来髪の毛が生える周期に大きな変化が出ることで発生する、脱毛の症状になります。人間の髪の毛には、休止期、発毛期、退行期があります。本来ならば、この髪の毛が生える周期というのは、一定の周期によってサイクルが繰り返されます。2~3ヶ月ずつ、変化することで、髪の毛が生えていくのですが、びまん性脱毛症の場合は、この退行期と特に休止期が長くなってしまうのです。休止期が長くなるということはその分頭皮から髪の毛が生えなくなるといった症状が長期間続くようになってしまいます。つまり、髪の毛の生える症状自体の本数が少なくなってしまうのです。びまん性脱毛症はこの休止期になっている髪の毛を生やすといった事が大切な目的になります。この休止期になっている毛根を如何に活動してる状態にして髪の毛が生えるような状態にするのかが大きなポイントになっているのです。症状の進行によって、発毛剤にすべきか、育毛剤にすべきかが大きく決まってきます。

びまん性脱毛症の育毛剤と発毛剤の使用の方法

びまん性脱毛症の場合は、髪の毛の毛根と頭皮へのケアが大切になります。もし、自分の髪の毛の抜けている量が少なくて、頭皮がガサついているケースは頭皮のケアを中心のした育毛剤が効果を発揮します。日本国内では、発毛剤はミノキシジルが入っていますが、ミノキシジルを使用しなくても頭皮環境は改善することが出来ます。その代わり、肌への吸収率や成分が多く入っている商品を選ぶのがポイントになります。頭皮のケアを意識して、有効成分が多く入っており、頭皮を傷つける保存料が入っている商品を使用しないのが大切です。次に、実際に髪の毛の抜ける本数が少なくなっている場合は、発毛剤を使用しつつ、頭皮のケアをしていくのがポイントです。ミノキシジル含有の商品を使用しつつ、食事によって、栄養バランスを整えるのが基本になります。髪の毛の発毛を意識させても、頭皮から髪の毛の元になる栄養分がない場合は、髪の毛が生えてこないので、注意が必要になります。

まとめ

びまん性脱毛症は基本的に頭皮の状態や毛根と言った部位の機能の劣化によって、本来の髪の毛の生えるサイクルが劣ることによって発生します。そのため、自分の頭皮環境を基準にして商品を使い分けや生活習慣の改善が大切なのです。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です