発毛剤・育毛剤の違いとその成分の効果

発毛剤・育毛剤は、髪の毛が薄くなったなと思ったら使用している事が多いアイテムになります。では、どのような基準で商品を選んだら良いのか、成分のそれぞれの違いを理解しないと価格に見合った効果を得ることが出来ません。加えて、海外と日本のものだと成分に違いがあります。今回は、そんな発毛剤と育毛剤の成分の違いに関して紹介します。

発毛剤・育毛剤の価格の違い

発毛剤と育毛剤の成分の違いに関して解説します。どうして、同じように髪の毛を生やす、健全な状態にする薬剤ですが、一般的には発毛剤の方が価格が高めです。その理由を知っておかないと納得した商品を購入することが出来ません。価格が高いのは、日本の場合は医薬品と医薬部外品と言った区分の違いにあります。医薬品はその成分の効果が保証されており、薬剤の販売までに治験等を行い詳細な、有意差を得ることが出来た物になります。医薬部外品の場合は治験を行いますが、医薬品ほど審査項目がなく、効果が薄めの場合を指します。医薬品は効果があるので、その分副作用や薬剤が体内に入った時の代謝といった部分まで。しっかり調べる必要があるためコストが高くなります。そのため、価格の面で医薬部外品の育毛剤の方が安くなります。商品を購入する際には、この医薬品と医薬部外品の差と薬剤の対価を考えて購入する必要があるのです。

発毛剤と育毛剤の成分の違い

発毛剤には育毛剤に比べて効果が高いとされている成分が使用されています。その成分の一つの代表として、ミノキシジルがあります。ミノキシジルは元々、心臓疾患や狭心症と言った血管障害のための改善薬として効果を期待され開発された薬剤ですが、使用した患者に発毛の副作用が見られたので、この副作用を主作用にして、販売されているのが発毛剤になります。そのため、副作用も大きく、使用される薬剤の成分も制限されます。実際にミノキシジルは基本、心疾患があり薬剤投与されている患者への使用は禁止とされています。そのため、第一種医薬品として販売されており、薬剤師の処方が必要とされているのもこうした、重大な副作用を引き起こしやすい人へ簡単に行かないようにしているのです。育毛剤に含まれているのは基本的に頭皮環境を良くするビタミン剤を中心に処方されています。頭皮に不足している物がビタミンなら育毛剤でも効果があり、毛根への栄養分が不足している血管の機能が劣っている場合は、発毛剤が効果があると言うわけなのです。

海外と日本の育毛剤・発毛剤の事情

海外は日本よりも多くの有効成分が認可されています。その理由にアメリカの場合は日本の数十倍の医療費がかかることから、基本市販されている医薬品で疾患を治そうとするため、こうしたサプリメントや医薬品の効果が高いものが認可されています。しかし、その治験体勢は世界で一番厳しいとされているため、安心して使用することが出来ます。先程紹介したミノキシジルは基本的に、頭皮の毛細血管を太くすることで、発毛を促進させますが、頭皮からの吸収が不十分なケースや、頭皮の血管が原因で発毛や育毛の効果が劣っているケースがあります。また重篤な副作用で使用できないケースもあり、海外では同等の効果を持つM-034ピディオキシジルといった成分が認可されています。特に、M-034は効果が高く副作用も無いことから、安全に使用できる育毛剤になります。副作用を心配する場合はこの商品を使用するのが一番です。

まとめ

発毛剤と育毛剤には大きな違いがあって、医薬品と医薬部外品の区分で名称が異なり、効果が大きく変わります。また、日本で認可化されているミノキシジルには副作用があり、使用できないケースも有りますが、海外で認可されているM-034という成分は副作用を心配せずに使用できるので大変オススメになります。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です