育毛・発毛のために知っておきたい女性のAGA脱毛とは?

09dec02ea8c2a6347ae7e733b38c7ef5_s

年齡を経るごとに髪の毛が薄くなる脱毛には種類があります。育毛・発毛を意識する理由として、脱毛が多いと悩む人が多くいるからです。しかし、その脱毛の特徴を知っておかないと、適切な治療を受けることが出来ないため、髪の毛の脱毛が治まらず症状が進行してしまうのです。今回は、そんな女性のAGA脱毛の特徴を紹介します。

AGA脱毛とは?

AGA脱毛とは、本来は男性が多く発生する脱毛で、男性ホルモンであるテストステロンを分解する酵素によって出来た、ジヒドロテストステロンによって発生します。ジヒドロテストステロンは、頭皮にある毛母細胞に、髪の毛はもう生えなくていいよと言った信号を出してしまう脱毛になります。つまり、本来は生えていて欲しい毛に対して、生えなくていいよという指令をだすホルモンが大幅に増加することによって脱毛の症状が発生してしまうのです。故に、髪の毛の抜け毛が進行する症状が発生します。本来、女性には発生しないとされている脱毛ですが、最近は女性の脱毛発生原因として著しい増加の一途を辿っております。そのため、AGAに気づかない人も多く、脱毛の対策を間違ってしまう傾向が大きいのです。男性にのみ発生する固定観念を破ることが大きなポイントになります。

女性のAGA脱毛はどうして増えているのか?

女性のAGA脱毛が増えているのは、女性の寿命の長くなったことが起因しています。最近では50代でも若く、80代を生きる女性も多いのが現状です。AGA脱毛の発生の原因は、男性ホルモンの量が女性ホルモンの量よりも多くなっている事が大きな関係を持っています。女性ホルモンの、エストロゲンは頭皮環境を整える効果を持ち、髪の毛が育ちやすい頭皮環境を作る効果と、毛母細胞に十分な栄養分が行きわたる様に毛細血管の径を適度な状態を維持する効果があります。ですが、女性の平均寿命が長くなり、女性ホルモンが分泌をされなくなった時期が長くなったことによって、男性ホルモンの量が多くなる時期が長くなるようになりました。そのため、男性ホルモンの量が多くなり、結果として、髪の毛を脱毛に導くジヒドロテストステロンが多くなります。その抜け毛分をカバーできるホルモン量が減少してしまうので、女性のAGA脱毛が多くなっているのがそのためになります。

女性のAGA脱毛の特徴

本来の女性の脱毛は、髪の毛の頭皮に十分な栄養分が行き渡らないことによって、毛母細胞がやせ細り、その結果抜け毛の症状が進行すると言ったことで発生します。ですので、特徴は髪の毛全体の毛の分量が少なくなるのが特徴です。ですが、AGA脱毛の場合は、髪の毛の頭頂部分が突発して抜けます。全体のボリュームが減少することで発生する脱毛でないのが大きな特徴になります。そのため、知っておいて欲しいのは、円形脱毛症のような部位特区意的な脱毛が見られるのが特徴ですが、出来る部位が決まっているので、部位で見極めて対応することが大切です。使用するのは、男性も使用しているミノキシジルを使用して治療をするのが基本です。最近は男性用でなくて、女性のAGA脱毛も増加していることから、女性用の商品も販売されています。女性用の場合は、男性用と成分が一部分異なっており、頭皮環境を整える成分が多く含まれていることが特徴になります。もし、男性用の商品を使用しようと思っている場合は、成分の違いによって、ミノキシジルの副作用が出る可能性があるので、使用を避けるのが基本です。使用すると考えている場合は、病院に行くのが大切になります。

まとめ

育毛・発毛を要する脱毛に、AGA脱毛があります。この脱毛は男性に発生すると勘違いされることも多く、女性の脱毛の症状の進行部位によって見分けることが出来ます。女性用のAGA脱毛の治療薬を優先に使用して、様子を見るのが適切な治療法になります。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です