チョコレートと育毛

9f6d33af4c4c91d680318fb266d2006c_s

女性が大好きなチョコレートですが、最近健康の効果が注目されています。実はチョコレートは、髪の毛の育毛効果があるということが知られていません。むしろ悪いといった印象が多く聞かれます。食べるポイントを踏まえれば、日頃食べている物で育毛の問題を解消できるのです。今回は、チョコレートと育毛の関係に関して紹介します。

チョコレートの育毛に悪いとされている原因

チョコレートを食べたことによって、育毛に悪くなった、髪の毛が抜けるようになったという人はある原因があります。それは、含まれている糖分や油分の量が関係しています。同じチョコレートでも食べて効果があるものとそうでないものが実際には存在するのです。食べて効果が出ない、頭皮の環境が悪くなったという人には共通点があり、それは砂糖入りの商品かホワイトチョコレートやホワイトチョコレートに味付けをした商品を食べている場合には、頭皮環境が悪くなって抜け毛の原因になります。チョコレートに入っている、砂糖と油脂が大きな原因です。砂糖というと意外かもしれませんが、糖分を多く摂取すると、血液がドロドロになります。更に、砂糖は体内で合成されると脂肪分に合成されます。この体内で合成されて、体のエネルギー貯蔵のキャパシティーを超えた場合は、汗と一緒に体外に出てしまうのです。チョコレートの脂質に加えて砂糖によって、体の脂肪分が増えてしまい、頭皮に影響を与えてしまうので、育毛に悪いとされてしまう理由です。

チョコレートの育毛に良いとされている成分とは?

チョコレートの中に含まれている良いとされる成分は、カカオポリフェノールになります。このポリフェノールは血液の質を良くし血流の促進やがんの予防、抗酸化作用がある物質になっています。チョコレートの健康効果が言われるようになった原因がこのカカオポリフェノールです。昔、カカオは薬として使用されていたのも純粋にこの物質の効果に起因しています。発毛に関して効果があるのは、カカオポリフェノールの中でも、血管の老朽化を防ぐ作用と、発毛に関する因子を刺激する物質が入っている事です。IGF-I因子という物質で、その効果はジヒドロテストステロンによって、発毛の働きを抑制されている状態の毛乳頭に働きかけて、発毛を促進すると言った効果があります。つまり、一旦生えないと司令された毛乳頭に生えろと命令を出して、成長を再び促すことが出来る物質なのです。体内にあるこの因子を増やすことで、髪の毛の質や生えていない箇所の髪の毛の数を増やすことができます。

チョコレートの育毛の有効成分を摂取するためのポイント

先程紹介した、カカオポリフェノールを多く摂取して、かつ糖分や脂質を減らすためには何が必要なのでしょうか?それには、カカオの多く入っている商品を選ぶことが大切です。その目安はカカオ70%以上のビターチョコレートの商品を選ぶことです。加えて、糖分が入っていない商品を選ぶのが基本になります。これらのチョコレートを食べた時の苦味の成分が、カカオポリフェノールになります。ホワイトチョコレートはカカオ成分が入っていないので育毛の場合には向かないことになります。カカオの%が高い商品は価格が張るものの、少ない量でも満足度が高いので、間食に向いています。毎日食べることも大切なポイントです。

まとめ

チョコレートは頭皮環境を良くする成分があり、カカオポリフェノールと言いますが、市販されているチョコレートには油脂や砂糖が入っているので、育毛には不向きです。育毛を目指してチョコレートを食べる場合は、カカオ70%の配合の商品を選ぶのが大切なポイントになります。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です