マカデミアナッツ・アーモンドと育毛

9fda20066b2e9286bd3d49ac7eea7331_s

ナッツ類は育毛に良いとされていますが、その中でも積極的に摂取して欲しいのが、マカデミアナッツとアーモンドになります。それぞれ育毛に特化した、栄養分のバランスの良さが特徴です。今回はそんなマカデミアナッツとアーモンドの栄養分とその特徴に関して紹介します。

マカデミアナッツとは?

マカデミアナッツはオーストラリア原産のナッツで、食用になってからナッツ類の中でも比較的新しい部類のナッツになります。特徴としては癖がなく、日本で購入するには高価であるイメージが強いナッツ類です。このマカデミアナッツは不飽和脂肪酸が多く含まれています。その中でも育毛に優れているとされている、オレイン酸・パルミトレイン酸が含まれているのです。皮膚の潤いを与える作用が強く、頭皮の乾燥を防ぐ効果のあるオレイン酸は、頭皮の乾燥を防ぐ効果があります。食事によってこの油の摂取が少ない場合は、頭皮が肉類に入っている飽和脂肪酸が増加して、頭皮環境の悪化の原因になります。オレイン酸は頭皮環境を整えるには必要な油なのです。次に、マカデミアナッツのみにしか、ナッツ類では含まれていないパルミトレイン酸という油があります。この油の特徴は、血管の再生や皮膚の新陳代謝をより良くする特徴があります。この油を摂取することで、自分の頭皮の環境を、若返らせる効果も期待できます。髪の毛の頭皮の老化によって髪質が変化してきている場合はマカデミアナッツを摂取すると、改善をすることが出来ます。

アーモンドと育毛の関係

アーモンドには、オレイン酸とビタミンEが多く含まれています。オレイン酸は先程のマカデミアナッツに比べて少ないのが特徴です。しかし、他の食材に比べると、オレイン酸による効果により、アーモンドを摂取した場合でも頭皮の乾燥を防ぐことが出来ます。ここでアーモンドに関して特記したいのがビタミンEです。実はビタミンEは頭皮の血管の環境を改善する大きな効果があるビタミンになります。ビタミンEは脳内で細くなってしまいがちな血管の老化を防ぐことができます。血管が老化してしまうと、ストレスがかかり径が細くなってしまった時に、元の太い状態に戻ることが出来にくくなります。そのため、頭皮の血流が悪化してしまうといった大きな問題を引き起こすようになります。毛母細胞は毛細血管から栄養分をもらっているので、血管の径が狭くなることは死活問題なのです。そのため、アーモンドを摂取することでこうした問題を改善することができます。

ナッツ類を効果的に摂取する方法

ナッツ類の有効成分を摂取するには、単なるローストの商品が一番で他に何も味つけがついていないことが肝心です。例えば、塩分が付いている場合は間食で食べた場合塩分過多になります。また、チョコレートといった手段もありますが、注意が必要です。チョコレートに入っている油脂や糖分が頭皮環境の悪化の原因になります。食べる場合はカカオ70%以上の商品であれば問題はありません。間食に食べているスナック菓子の代わりに食べるだけでも、頭皮の環境を改善する栄養分を摂取することが出来ます。また、ナッツ類の場合は毎日食べることがポイントで、2~3ヶ月ほどで症状の改善が見込めるようになります。

まとめ

ナッツ類は育毛に非常に良いとされている栄養分が含まれています。マカデミアナッツには頭皮環境を整える油脂のオレイン酸・パルミトレイン酸が多く含まれており、頭皮の炎症によって育毛不良に陥っている方に向いている食材です。アーモンドは、頭皮の血流が悪く髪の毛が細い方に向いています。注意点として、頭皮環境の改善には、ローストで味がついていない商品を摂取するのがポイントになります。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です