発毛・育毛に良いとされている食べ物~3~

1637cbb0de5d6430a13b850011e89dec_s

日々毎日食べる食事によって、頭皮環境は変化し、また髪の毛の質も非常に変わってくることが知られています。その為、髪の毛を生やすために必要な食べ物を食べることは大変有効な対策になります。今回はそんな、発毛・育毛に良いとされている食べ物に関して紹介します。

頭皮の血管拡張を活性化する~唐辛子・キムチ~

辛み成分のある唐辛子には、頭皮内の血管を拡張する大きな効果があります。辛いものを食べると熱いと言った感覚は、まさにこの唐辛子の作用が大きな関係性を持っています。辛いと人間の身体が感じると、人間の末梢血管の幅が拡張するため、その分血流が非常に良くなります。血流が良くなると汗腺も広がり、身体の熱を放出する関係で、汗をかくようになります。唐辛子はこれを短時間で行い、しかも強力な作用を持っているので、頭皮環境の改善に非常に役立つのです。また、大きなメリットに食べ合わせの関係で、より頭皮の脱毛を防ぐことができます。それは大豆製品と一緒に食べることです。大豆製品と一緒に食べると、食べ合わせの関係で、IGF-1という物質ができます。IGF-1という物質の特徴は髪の毛の成長因子の一つで髪の毛を生やしてという指令を実際に行う作用があります。大豆もイソフラボンが豊富に含まれており、髪の毛の発毛進行する効果があり、一石二鳥になります。唐辛子が苦手という人は、唐辛子自身が入っている物ではなくてキムチといったものを食べてもその効果を得ることができます。食物繊維や発酵食品であるため、ミネラルも多く発毛・育毛に効果があるのです。

頭皮の原料~コラーゲン~

髪の毛が育つ頭皮の原料にコラーゲンがあります。実は、コラーゲンは顔の肌のみだけが重要な物質ではなくて、きめ細やかな髪の毛をキューティクルやコシ・ハリを作るには、コラーゲンで頭皮の質を変えていく必要があります。コラーゲンの大きな特徴に、適切量を摂取をすればした期間の分だけ、髪の毛の質が大きく変わると言った性質があります。最初に、頭皮の質を改善する新陳代謝が良くなることです。新陳代謝が良くなるということはその分頭皮の部分にある皮膚組織が、古くない皮膚になるということです。古くない皮膚は、柔らかく柔軟性があります。その為、毛乳頭を適度に刺激して、良い髪の毛が育ちやすいと言った環境になります。草木が育つのにはカチコチの地面ではなくて、腐葉土が入った柔らかい土の方が育つのと同じ理屈です。コラーゲンを摂取して、頭皮をより若くすることはその分大きな発毛・育毛効果があります。

抜け毛の原因のホルモンの働きを抑制~大豆~

大豆イソフラボンには、頭皮の抜け毛の原因になるホルモンのジヒドロテストステロンの効果を少なくする効果があります。その為、ジヒドロテストステロンの抑制の効果が高いため、摂取を心掛けようと思っていても大豆が苦手という方は少なくないのが現状です。アレルギー以外の理由で、大豆製品が苦手な場合はどのように対応すべきなのか?それは、納豆やみそ汁、豆腐といった加工食品を食べることをお勧めします。これらの商品は加工してあるため、大豆独特の臭みがないのが特徴であるものの、イソフラボンはしっかりと摂取することができます。また、臭みが苦手な場合は、ソイラテといった方法でコーヒーと割るという方法でも効率よく摂取することができます。無理せず摂取するにはこうした方法が一番良いのです。

まとめ

頭皮環境をより良くする食べ物は多くあり、その中で頭皮の血流を良くする唐辛子、頭皮環境を若くすることができるコラーゲン、抜け毛の原因になるホルモンの量自体を抑える大豆と大豆製品があります。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です