発毛に効果のあるフィーバーフューの注意点とメリット

6902a14c41f0d1317d1554441d8c6f8f_s

最近は発毛の効果が高い、フィーバーフューというハーブがあります。しかし、効果が高いということはその分、副作用も存在します。また使うことを避けたほうが良い方もいます。発毛の問題を快適に解消するための、フィーバーフューの使用の注意点と他の服用可能な成分を紹介します。

フィーバーフューの髪の毛の生えるメカニズム

フィーバーフューの髪の毛の生えるメカニズムを簡単に説明します。そもそも、人間の髪の毛が抜ける原因は、ジヒドロテストステロンです。ジヒドロテストステロンが増えると、人間の髪の毛の発毛を抑制させてしまう方向に作用をしてしまうため、抜け毛が発生します。このジヒドロテストステロン自体の生成に関わるタンパク質を増やす効果を消すのが、フィーバーフューに豊富に含まれているテルペノイドの一種であるパルテノライドという物質になります。たった一種類の有効成分ですが、末梢血管の幅を拡げ、加えて頭皮の皮脂の量の調整を担ってくれる大変優れ物の成分になります。この成分を、一日適正量を摂取することで、ホルモン、頭皮環境、頭皮にある末梢血管の状態を良い状況に進める大きなメリットがあるのです。そのため、発毛効果が高いとされている所以になります。

フィーバーフューの注意点

これだけ発毛効果が作用が高い成分ですから、その服用する時や摂取する時には注意点が必要になります。まず、喘息やアレルギーといった病気になっており、加えて病院で薬剤をもらっている場合は使用を避ける、もしくは医師への相談が必要になります。フィーバーフューには、先程紹介した血管の拡張作用があり、加えてヒスタミンといったアレルギーに関わる物質の調整にも大きく関わっています。薬によって患者さんの体内に入っている、ヒスタミンや血管の拡張作用を調整しているにも関わらず摂取をしてしまうと、そのバランスが崩れてしまい、体調不良の大きな原因になります。次に、フィーバーフューの摂取で注意したいのが、フィーバーフューの摂取量です。実は、フィーバーフューは一日10mg~15mgが推奨されています。この推奨量から少なくても多すぎても、発毛の効果が得られないのです。そのため、摂取量をきちんと毎日摂るのが効果的です。同じ量を摂取するのであればサプリメントで摂取すると量にブレが無いのでおすすめです。

フィーバーフューと一緒に服用して良い物

発毛効果が高いフィーバーフューと一緒に使用して良い物は意外にも多く、例えば育毛剤で有名な薬効成分であるミノキシジルとの併用は可です。ミノキシジルの発毛の原理は血管の拡張作用が高いため、毛母細胞に行き渡る栄養分が多くなることで発毛を促進させます。毛母細胞における栄養分の供給を増やしますが、フィーバーフューに含まれているパルテノライドはその促進に関わる薬効の機序と作用しないので、とても相性が良いのです。ミノキシジルの副作用は、血管の拡張による痒みですが、パルテノライドは痒みを抑える作用があるので相性が良いのが特徴です。頭皮につけるものと、服用して発毛の環境を整える物質なので相性が大変よいとされています。また、発毛に関わるビタミンCやビタミンEやマグネシウムとは特に相性が良いので、一緒にサプリメントと摂取しても問題はありません。むしろ、フィーバーフューの薬効の効果を高めてくれるので、積極的に摂取を推奨します。

まとめ

フィーバーフューは薬効の成分が高いので、喘息やアトピーといった症状に悩んでいて、薬剤を服用している場合は、医師への相談が必要になります。また市販のリアップやサプリメントでのビタミン、ミネラルの同時摂取は問題はありません。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です