育毛と冷え性

冷え性は一見体質の関係で、頭皮に関係ないと思っている人が多いのですが、冷え性の人は、冷え性でない人に比べて、髪の毛が抜けやすい、切れ易いといった問題があります。

このような冷え性と育毛の関係性とその対策に関して紹介します。

冷え性になるとどうして脱毛になるのか?

冷え性になると脱毛の症状や切れ毛発生します。どうしてそれが起こってしまうのかというと、冷え性によって頭皮の血行が悪くなるからです。冷え性の大きな特徴に、末端の血流の悪さが大きな関係を持っています。実は、頭皮は末端に当たる臓器に該当し、さらに、心臓よりも上に血液を運ぶ必要性があります。心臓よりも高い位置に血液を運ぶということは、重力で逆の方向に血流が動くため、一回の拍動で進む血液の速度が元々遅いことを意味します。冷え性になると、この末端の血管自体の径が細くなる状態になり、血液自体があまり運ばれにくい状態になります。加えて、血管の径も細いため、血管の栄養をもらって十分に育つはずの毛母細胞に対して十分な栄養分が行き渡らない状態になります。つまり、栄養分を摂取しているのに、その栄養分を運ぶ管自体が詰まってしまっているため、髪の毛が育たない状態になってしまっているのが冷え性による抜け毛の原因になります。女性は男性よりも冷え性の人が多く、体の冷えが髪の毛の生育に大きな影響を与える原因になっていることも少なくないのです。

冷え性になったときの脱毛・育毛の対策

冷え性になることが原因の脱毛の解消には、冷え性を改善しつつも、頭皮の環境をいち早く良くする必要があります。そのため、やるべきことは、頭皮のマッサージを行って、凝り固まっている頭皮周辺の筋肉をほぐすことが大切です。これには大きなわけがあります。頭皮のコリは、頭皮に行きわたる血液の量が大きな関係を持っています。頭皮は首や肩に繋がっていますが、この部分の筋肉をほぐすことで、頭皮の血行を増やすことが出来ます。そのためには首を回す運動を行うといった事をすると解消することができます。またこめかみや頭頂部の押して心地よい部分のツボを押すのも頭皮のコリを解消する方法になります。冷え性の人は一定時間同じ姿勢を取っていると、頭皮が固まりやすい傾向があります。そのため、冷え性で髪質が良くないと思ったら、自分の頭皮の硬さを知りつつ、丁寧に揉み解すということを習慣にするといいのです。

冷え性の解消と育毛を両立させるには

冷え性と育毛の両方を助ける食べ物があります。一番お勧めしたいのは、毎日食べても苦痛ではなくて、簡単に有効成分を摂取することが出来る梅干しです。梅干しには、酸っぱい味の元になっているクエン酸が多く含まれています。クエン酸の効果は血液の質を良くすることと、過剰に緊張している血管の筋肉のコリをほぐす作用を持っています。また、一口で手軽に摂取することも魅力で、一日一個食べる習慣をつけるだけでも健康問題を解消することができます。冷え性に解消の効果のあるしょうがは、頭皮に使用する育毛剤の成分としても使用されているほど、体を温める効果が高く、血行を良くしてくれます。育毛剤で頭皮に接種するのも良いですが、体に有効成分を取り入れることで、頭皮を体の内部から温めることも大切です。こうした、両方の問題に対して効果がある食べ物を習慣的に摂取するのも冷え性と育毛の両立を助けます。

まとめ

冷え性と育毛は大きな関係があり、頭皮が冷えてしまっている状態の場合は、血流が悪くなってしまいます。その結果、頭皮の毛母細胞に十分な栄養が行きわたりません。頭皮マッサージやツボを押す、食事によってこの問題を緩和することが出来ます。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です