美しい髪の毛の育毛と栄養分

a7f7709f1a156800f92d8ea9c8af0225_s

美しい髪の毛を育てるには多くの栄養分が必要になります。しかし、現代人の食生活は、その必要を満たしているでしょうか。薄毛で困ったら、髪の毛に必要な栄養分が食事で摂取出来ているのかを見直す必要があります。今回は、美しい髪を育毛するために必要な栄養分を紹介します。

髪を育てるのに必要なタンパク質

髪の毛は何で出来ているのか、それはタンパク質から出来ています。美しい艶のある髪の毛のハリやコシは、このようなタンパク質があってこそ育ちます。そもそも人間の髪の毛は栄養不足になると真っ先に影響が出ます。その訳は、髪の毛に十分な栄養分が行かなくても、生命維持に関わる栄養分を臓器や酵素に使用してしまうために、髪の毛が薄くなってしまいます。逆に言えば、髪の毛が薄くなってきたら、体の髪の毛に使用されているタンパク質が不足していると考えても良いのです。もし、肉類や魚を食べることを控えてダイエットをしている場合は、筋肉や骨の健やかな維持に関わる栄養分が、減少している事になります。10代の女性は簡単に出来るタンパク質を減らすダイエットをしがちですので、ダイエットで脱毛が発生した場合は、髪の毛の中心になっているタンパク質全般が減少していると考えて良いのです。また、食べているのに薄い場合は、基本的に豆に含まれている必須アミノ酸の量が少ないと考えて良いのです。必須アミノ酸の中で髪の毛に重要なのはシステインで、システインがキューティクルの材料になります。そのため、髪の毛の艶が特に無いと感じる方は、このタンパク質の減少を疑って良いのです。

頭皮の血流よくしよう、~マグネシウム・ビタミンE~

頭皮の血流が良くないことで薄毛になっているケースがあります。このような症状が発生する場合は、基本的に、肩こり、めまい、偏頭痛の症状が発生している事が多いのです。この症状とともに髪の毛が抜けているといった症状がある場合は、頭皮や脳内の毛細血管の血流を良くする栄養分を摂取することが大切になります。マグネシウムはそんな中で、血流の量を増やす効果があるミネラルになります。日本ではあまり知られていませんが、マグネシウムは、海外で偏頭痛のサプリメントとして知られるほど毛細血管が狭まっている状態を改善することが出来るミネラルになります。血管収縮を抑える効果があり、頭皮の狭まっている状態を改善することが出来ます。ビタミンE末梢血管の幅を広げる効果があり、周辺の筋肉の調整機能を柔軟にする作用があります。血管系が狭い場合は、筋肉が必要以上に凝っている事が多いのが特徴で、これらのビタミンを摂取すると改善することが出来ます。

血液自体を綺麗にする~アリシン~

どんなに、血流が良くても、栄養分が豊富だったとしても、髪の毛の毛母細胞にある老廃物を運んでくれる作用が減少してしまうと、育毛効果は半減します。そのためには、血液自体が綺麗であることが不可欠です。血液がサラサラで綺麗な状態になれば、その老廃物も運んでくれて、細い血管の奥にも十分な栄養分が行き渡るようになります。そのために必要なのはアリシンという栄養分になります。アリシン玉ねぎやネギ、にんにくといったオニオン系の食べ物に含まれている成分ですが、この成分を摂取すると5日ほどで効果が発生し血液を綺麗にしてくれます。綺麗な血液は髪の毛の毛母細胞に、豊富な栄養分の運搬と老廃物の新陳代謝を早めて、より良い育毛環境を作ることが出来ます。

まとめ

育毛環境を整えるには必要な栄養分があり、最初に髪の毛の材料になるタンパク質の摂取、血流を良くするマグネシウム・ビタミンE、血液自体を綺麗にするアリシンの摂取が効果的です。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です