ヘナの育毛と発毛の効果

ヘナには、髪の毛の発毛効果や育毛効果があるとされています。そのような効果が見込める理由には、どのような根拠や考えがあるのでしょうか?合う人合わない人がいるのか、実際に頭皮の状態や脱毛している原因を検証していけば、ヘナが発毛・育毛に効果があることが分かります。今回はそんなヘナの発毛・育毛に関する疑問を解決します。

ヘナには頭皮の脂のバランスを整える効果がある

ヘナは、単なる髪の毛を染める成分が含まれているだけではないのです。頭皮の脂の量を整える効果があります。過剰に脂ぎっている頭皮の状態を改善してくれる効果があるのです。そのため、頭皮が脂によって抜け毛が発生したといった場合や、脂ぎっている人にとっては救世主になります。頭皮は脂ぎっていても、乾燥しすぎてもいけません。程よい量の脂が必要になります。カサつけば細胞内の水分が逃げてしまって皮膚のきめが悪くなってしまい、脂ぎっていては頭皮を油で塞いでしまうので皮膚呼吸ができない状態になります。そのため、程よい脂の量になることが大切なのですが、この脂の量を調整する有効成分であるのもヘナの大きなメリットになります。頭皮が脂ぎっているが、髪の毛を染める際に化学染料が頭皮にあると問題という人には、このヘナをお勧めしたい理由になります。ヘナは、髪の毛を染めつつも頭皮の環境を整えてくれます。

ヘナの育毛の効果

育毛というのは、髪の毛が切れずに育ってくれることを言います。ですが、髪の毛の質が悪いと、髪の毛が伸びている間に切れてしまうといった問題が引き起こされるようになります。こうした問題を解消することができるのが、ヘナの育毛の効果です。ヘナは、髪の毛の周辺に塗布して、キューティクルの外側にコーティングを作ります。この膜が大きなポイントになり、髪の毛を外の刺激から守ってくれるのです。切れ毛の原因になるのは、髪の毛の周囲に発生する静電気です。この静電気の問題を解消してくれるのが、ヘナなのです。ヘナでコーティングされた髪の毛は、擦り合わせたとしても髪の毛同士がこすれるわけではないので切れにくくなります。加えて、静電気も髪の毛同士がこすれて発生するので、静電気が発生しにくくなるため、髪の毛が切れにくくなります。髪の毛を伸ばしている段階で切れてしまう事が悩みの場合は、ヘナで染めてみるのも一つの手段になります。

ヘナの短所

そんなヘナにも短所があります。まずは、頭皮の脂の調整の機能ですが、過剰になっている脂を取り除く効果はあるものの、必要な油分を補給する効果は薄いのが特徴になります。そのため、ヘナは頭皮が乾燥肌の人には不向きで、使用する場合は油分を補給してから使用するのが基本になります。自分の頭皮環境を確認しつつ、使用しましょう。最後に、ヘナの短所として、ヘナは天然成分であるからこそ、草の独特のにおいがします。匂いに関しては、品質の良い商品であっても、完全には消えないのです。そのため他の天然の香り成分が入っている商品を買うのが基本になります。また商品を購入する際には、ヘナ以外の髪の毛を染める成分が入っていないかどうかを確認することも大切なことです。もし、頭皮環境が悪化した場合は別の髪の毛を染める成分が入っていることも疑い、商品を変えることも検討して下さい。

まとめ

ヘナには、偏った頭皮の脂を少なくすることで発毛を促進する効果、髪の毛のキューティクルを保護することで、切れ毛を無くし髪を育毛する効果があります。ですが、乾燥肌の人には向かないこと、香りの問題もあります。商品によってはヘナ以外の髪の毛を染める成分が入っている可能性もあるので注意が必要です。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です