白髪染めと育毛・発毛を維持する方法

91838231e65f35d0f13cdfa3ce41a2a4_s

女性が年齢を増すと、悩むのが抜け毛と白髪です。実は、白髪と抜け毛は大きな関係を持っており、老化や栄養分の不足が大きな関係を持っています。ですが、ぽつぽつ生える白髪は大変嫌な思いをしているため、白髪染めを使用してしまう人も多いのが現状です。白髪染めを使用すると抜け毛の数が増えたとトラブルになる事もあります。今回は、最小限のダメージで白髪染めを行う方法を紹介します。

白髪染めは髪の毛を痛める成分が多い

白髪染めは、髪の毛のキューティクルの上から黒い色素を塗る、といった手法が一般的に販売されている白髪染めの原理です。販売されている市販の白髪染めは、ヘアマネキュアという製品名で販売されており、先ほどの手法で白髪を見えないような形にするのが基本となっています。ですが、このヘアマネキュアには落とし穴があります。使用されている溶材の成分がエタノールであり、アルコール類は直接肌に触れるとかぶれの原因になります。注射の刺す前の消毒の時点で肌が荒れるという人は、ヘアマネキュアでも肌が荒れやすい人とされるので注意が必要になります。また、ヘアマネキュアには、~アミンフェノールといった成分も入っており、この成分は肌に対してアレルギーを起こすとされています。加えて、成分に入っている黒い色の色素は人工的に作られた色素であり、その色素も発癌性があるものが使用されています。口に入るわけではないので、髪の毛の使用が認められているのです。これを老化によって弱った頭皮の毛根から塗るわけですので、頭皮が荒れて抜け毛になる人もいるのです。

ヘナシャンプーは育毛・発毛を維持できる

ヘナシャンプーとは、ヘナという植物の天然成分が入ったシャンプーです。ヘナはインド中心に自生している多年草をさし、宗教的な意味のボディペイントや健康な髪の毛の維持にも使用されている有効成分になります。ヘナの特徴は、髪の毛を染める際に、ゆっくり染まるということです。色素を一気に浸透するわけではないので、使用直後は市販のヘアマネキュアに比べて染まる髪の毛の状態には劣りますが、時間を経れば染まった状態はほぼ見た目がつかなくなります。ですが、毎回染める頻度が大変というかたもいますが、ヘナが配合されたシャンプーが販売されています。販売されている商品の大きなメリットとして、シャンプーするたびに髪の毛を染めているのと同じになります。通常は染めた後にシャンプーをして余分な成分を落とすことになりますが、ヘナシャンプーの場合はこの手間が一度で終わるため大変楽なのです。また、天然成分でもあるため髪の毛を痛めないのが最大の利点になります。

ヘナシャンプーは髪自体も綺麗に見せる

白髪染めの最大の欠点は、染まった部分が一部分黒くなってしまって、染めたのがばれてしまう、根元が染まり切れていないといった問題があります。しかし、ヘナシャンプーは髪の毛を洗うのと同時に染めるので、髪の毛の一部分が染まりすぎて浮くこともなく、また染まっていない箇所があるといったトラブルがないのが大きな特徴になります。手軽にむらなく染めることが出来、育毛や発毛に対してトラブルを引き起こさないヘナシャンプーはまさに一石二鳥のアイテムなのです。

まとめ

髪の毛を染める市販の白髪染めのヘアマネキュアには、アルコールや~アミンフェノール、色素に体の有害物質が多くあり、頭皮を傷つける原因になります。ですが、ヘナの天然成分は、傷つけることなく、ムラなく染めることが出来るので、年齢を経た白髪のトラブルを解決しつつ、発毛・育毛の維持が出来るようになります。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です