石鹸で髪の毛を洗うのは危険なのか?~育毛・発毛シャンプーの利点~

81c4dcd423fd6d33050195b0f5c68356_s

石鹸で髪の毛を洗っている人がいますが、これは育毛・発毛に関して、大きな問題点を提示している場合があります。石鹸で髪を洗っている場合は、一見余計な洗浄成分が入っていないので良さそうと勘違いしてしまう人がいるため、注意が必要になります。今回はどうして石鹸がダメと言われてしまうのか?メリット・デメリットを含めて紹介します。

石鹸で髪の毛を洗うのが危険な理由

石鹸で髪の毛を洗う人は、頭皮に優しいイメージがあるとして選んでいる人もいますが、それは一律に正しいとは言い切れないのが現状です。石鹸を使用して洗っている場合は、頭皮とミスマッチでは意味がないのです。石鹸で髪の毛を洗うことでフケが増えるケースも実際にあります。その原因は、石鹸で髪の毛を洗うと、石鹸の洗浄成分が強すぎて、必要以上の頭皮にある脂の成分を落としてしまうといった問題があるからです。石鹸というとその洗浄成分は、単一ですと~Naといった記載によって書かれています。つまり、植物性の油脂とその水酸化ナトリウム塩によってつくられたのが石鹸の洗浄成分になります。石鹸は、人間の顔の洗顔料で多く使用されており、瞼といった肌の薄い部分でも、綺麗に汚れを落とすことが出来るため、肌に優しいといったイメージが定着しています。ですが、頭皮は、瞼や顔の肌の部分に比べて毛根が生えているため、肌のきめが細かくないので、石鹸の洗浄成分では、強すぎる場合があります。石鹸でも、作られている油の種類によっては頭皮の環境を悪化させて、育毛・発毛のケアに大きな影響を及ぼすケースがあるのです。

石鹸で洗う場合の注意点

石鹸では髪の毛を洗うのが問題なのであれば、そうでない商品もあります。これは何が違うのかと言いますと、石鹸の洗浄成分以上の、髪の毛や頭皮のケアの成分が入っている事、頭皮の油脂に近い油の成分で作られているかどうかなのです。そのため、商品によって石鹸を使った後の頭皮環境で大きな違いが発生するようになります。例えば、オリーブオイル100%といった石鹸は、頭皮を荒らす大きな原因にはなりません。肌質が合わないといったことさえなければ、無駄な油脂を落とすことなく、頭皮に適度な油分を補給する為、頭皮環境を良い状態のまま保つことが出来ます。そのため、同じ、オリーブオイルと表記されていても、洗浄成分に使用する油の割合が変わっていた場合や他の成分が入っている場合は、頭皮の荒れる原因にもなります。ゆえに、石鹸で洗う場合には、洗浄成分の種類にも注意して選ぶというのが大切になってきます。

育毛・発毛シャンプーの利点

育毛・発毛シャンプーの利点は、石鹸のように過剰に頭皮の油を落とすといった強い洗浄成分が多く入っていないのが特徴になります。頭皮の油分のバランスが崩れてしまって肌が荒れやすいという方は、洗浄成分をよく見ることが大切です。しかし、多くのシャンプーの商品から絞り込むのは至難の技です。そんな時の大きな目安が、育毛・発毛シャンプーやスカルプシャンプーの文字です。この表記が書かれている商品は、頭皮を痛めつけないで如何に汚れを落とすかといった部分を中心にしたシャンプーになっています。加えて、洗浄成分もアミノ酸が分子内に入っている洗浄成分になります。そのため、石鹸のように過剰に頭皮を傷つけないといったメリットがあります。価格は少し高めになりますが、頭皮を傷つけないといった意味では、重要なポイントになります。

まとめ

石鹸は一見すると、洗顔で優しいイメージが定着している影響で、頭皮を傷つけないといったイメージがあります。ですが、実際は石鹸に使用されている油分が、人間の頭皮の成分に遠いもので作られていて、頭皮の油を落としすぎてしまい肌荒れの原因になります。そのため、頭皮に優しい洗浄成分の商品を選ぶには、育毛・発毛シャンプーやスカルプシャンプーの表記の商品を選ぶのが無難です。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です