塩素と髪の毛の発毛・育毛ケア

a5b243dfb6b4fa78facf3d0362572409_s

自分の髪の毛に、日頃使用している水が原因で脱毛の症状が発生していることを、想像できる人はあまりいません。実は身近にある塩素が、脱毛の大きな原因になっていることがあります。今回は、そんな塩素と髪の脱毛及び、発毛・育毛のケアに関するポイントを紹介します。

実は怖い塩素と頭皮の関係

塩素は、頭皮を傷めつける原因になります。塩素が直接肌の細胞膜に作用して、細胞を壊すことが知られているからです。塩素は、細胞膜を壊すだけでなく、活性酸素を作ってしまうこともあります。活性酸素は、頭皮の細胞膜を壊すという作用があります。プールに入ったとき異様に頭皮が傷んでいるといったことは経験であると思いますが、まさにそれが発生して起こっているのです。塩素は、消毒にも使用されており、普通の水道水でも、頭皮が荒れるといった事例があります。ですが、塩素が含まれる水道水で頭皮が荒れる、という事実をあまり知っている人がいないため、塩素除去した後でないと、原因が判明できないのが難点です。塩素は最低限の量を、必ず入れる必要がありますが、塩素の濃度の最高量が決まっていないのが大きな落とし穴になっており、気づいていないケースが後を絶たないのが現状です。

塩素の配合量と住宅の場所

育毛、発毛には頭皮を傷つけないということが大前提になります。その頭皮に直接かけるシャワーによって頭皮に傷が付いているケースがあるので、今一度注意が必要なのです。先程、紹介した塩素の配合の最低量は決まっていますが、最高量は決まっておらず、浄水場の加減によって決まっています。水道水は、基本的に悪臭があると苦情が来るため、元の貯水池の水質や浄化装置にオゾンの浄化装置があるかどうかも大きな関係を持っています。オゾンの浄化装置は、強力な酸化力で悪臭の成分を消す効果がありますが、常備されていない場合は基本的に、塩素の量が多くなります。一番塩素の影響が高い可能性があるのは、自分の家が浄水場に近い場合です。塩素は水道管に流れる間に、段々水中に溶け込む量が減少します。ですから、末端の方できちんと消毒されている水を支給するために、浄水場の地点で、塩素の量を多くしている場合が高いのです。そのため、使用する前の水道水がすごくカルキ臭い場合は、この塩素の配合量自体が高いといった特徴があります。また、転勤族であれば、2~3ヶ月使用して頭皮の状態がおかしくなってしまった場合は、塩素の配合量を疑い、対策をたてるのが賢明な手段になります。

頭皮の塩素のダメージを減らすには

頭皮にかかる塩素のダメージを減らすにはどういった手段があるのか?それは塩素除去用のシャワーヘッドという製品があります。シャワーヘッドは、取り付けが簡単で、頭皮にかかる塩素を減らす最終兵器と言っても良い物になります。シャワーヘッドの仕組みは、シャワーの水が出る部分にカルキや塩素といった物を除去する効果がある成分がフィルターのように入っている製品です。いわば、浄水器のシャワー版という商品になります。このシャワーヘッドの価格帯は、5000~10000円ほどしますが、毎日浴びる水によって頭皮環境が悪化すること、他の育毛剤や発毛剤のコストを考えても、思い切って変えても損はない商品になります。そのため、塩素除去が出来るシャワーヘッドの商品の購入は大きなメリットになるのです。

まとめ

塩素が入っていることによって頭皮の環境に大きなダメージが発生することが知られています。そのため、肌の頭皮の環境が悪化してしまうので、注意が必要になります。自分の髪を洗っている水道水のカルキの臭いに関して気をつける必要があるのです。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です