育毛・発毛の季節別の対策

eb29427e5a26908ad5518a26af01d8e0_s

髪の毛の育毛・発毛のケアは年齢別ではなくて、実は季節別にも気を配る必要があります。そのため、髪の毛の育毛・発毛のケアを頭皮環境が良いか悪いか、季節性の事が原因で抜け毛が増加しているケースもあり、それが頭皮環境の悪化につながっているのです。今回はそんな、季節別の育毛と発毛の対策に関して紹介します。

ストレスと気温・乾燥に注意~春~

は、いろんなストレスがかかりやすく、抜け毛の量で、ストレス性の物が多く発症する季節になります。異動や転勤、また環境の変化によって抜け毛が発生するケースが多い季節です。また、花粉症になっている人は、アレルギーによって頭皮環境が悪化しているケースもあります。そのため、対策としては自律神経のバランスを整えることが大切になります。気温やあらゆるストレスによって、良質の睡眠を摂るようにして普段からのストレス耐性を良くすることが大切なのです。そのため注意が必要なのは、頭皮の血管の幅を狭めるような生活習慣を避けるのがポイントになります。また春先に偏頭痛になりやすいのもこの季節の大きな変化による部分が大きいのですが、慢性的になると抜け毛の原因になります。頭皮の毛母細胞に十分な酸素が行き渡らない土台が出来てしまっているので、血管の幅をひろくする調整をかけるビタミンやミネラルの摂取が大切なのです。故に、摂取すべき成分として、マグネシウムやビタミンEと言った成分をサプリメントで意識して摂取するのがポイントになります。十分な睡眠と、頭皮の血管をひろくするケアを行うと効果的です。

汗や頭皮の脂で頭皮環境が悪化する~夏~

夏の注意点は汗をかくことにあります。近年、温暖化や激しい気温の変化の大きな影響で、汗をかきにくくなってきているといいますが、頭皮の場合は別です。蒸した状態であれば頭皮環境は悪化しているものと同じになります。ちょっとでもべとつく場合は、夏バテ状態でもお風呂に入って頭皮を洗うことを意識するのが基本です。シャワーでも良いと思っている人もいますが、頭皮の凝り固まった筋肉の状態を改善すること、また、血管周辺の筋肉を解すには、マッサージを行うのが大切になります。そのため、お風呂に入るのが基本です。また、夏場は紫外線が多く照射されます。実は紫外線は、大きな頭皮のダメージを与える原因なのです。紫外線は、非常に厄介で、頭皮の細胞を破壊したり、コラーゲン繊維を壊す原因にもなります。そのため、当たらないようにするのが基本です。日傘を使用して頭皮に当たる紫外線の量を減少させることも大きなケアになります。

抜け毛の本数が多くなる~秋~

夏の時のストレスと本来の哺乳類の夏毛から冬毛に切り替わる名残で、髪の毛の本数が抜けることが多いのが秋です。秋は夏の頭皮環境のストレスが残っているとそのために、髪の毛が多く抜けてしまって、新しい髪の毛が生えないといった自体が発生する可能性があります。こうした問題を防ぐには、秋に十分な栄養をしっかり摂ること、疲れに関する解消物質をしっかり食べて、状態を整えることが出来るかどうかが鍵になります。また、頭皮環境を整えるには、クエン酸やビタミンB群の摂取がポイントになります。クエン酸は疲労物質の分解を助け、体のだるいといった症状を改善する効果があります。またビタミンB群はクエン酸と同様に、疲労物質の代謝や筋肉の動きを良くする成分が豊富にあるので、頭皮の疲労も消してくれます。髪の毛の生育成分も含まれているので、健全な頭皮になるのです。

まとめ

季節別の頭皮ケアは最近では鉄則で、季節によって頭皮にかかるストレスの割合が変化します。そのため季節にあったストレス対策は大切なのです。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です