花粉と育毛・発毛ケア

d5a1bacb8f35142160f08a1f32152035_s

花粉症は恐ろしいことに、脱毛の原因になります。アレルギーは髪の毛の育成に関しても大きな影響力を持っているのです。自分のアレルギーの症状が、頭皮や髪の毛の生育に影響しているとは思わず、知らず知らずに抜け毛の原因になっているケースがあります。今回は、花粉と育毛・発毛ケアに関して紹介します。

発毛・育毛と花粉の恐ろしい関係

花粉が恐ろしいのは、知らない間にアレルギーの症状が発生して、その人の免疫力が低下し、毎年原因物質があると症状を引き起こすという事実です。実は、花粉症は大体の人が持っている病気で、2015年の集計ですと2人に1人は花粉症と言われている時代です。その主な症状は、くしゃみ、鼻水、目の痒みです。この症状は非常に厄介で、苦しんでいる人が多いのですが、花粉症は頭皮にも大きな影響力を持っています。アレルギーの症状が目や鼻の部位だけではなくて、頭皮にも発生するのです。大部分の人は、鼻や目の粘膜から侵入して、その部分に炎症が発生するのですが、頭皮が敏感肌の人は、頭皮でもアレルギーの症状が発生します。それによって頭皮環境が悪化して、乾燥や荒れてしまう状態になります。いつもと同じケアをしているのに、何故抜けてしまうのか?悩んでいる人は、花粉によるアレルギーによって抜け毛が発生している可能性があり、発毛、育毛には花粉対策が必須になるのです。

花粉症の人が頭皮のアレルギーがあるかどうか調べる方法

この頭皮による炎症ですが、アレルギーによって発生するので、まずは自分がアレルギー持ちであるかどうかを知る必要があります。そのためには、自分が他にアレルギーの症状を持っているかどうか、出ているかどうかがポイントになります。無論花粉症の場合は、花粉症でない人に比べて、2倍以上のリスクがあるので、花粉症である場合は、なりやすい因子があります。また、花粉の飛散時期のみに、頭皮のアレルギーが発生するかどうかもポイントです。通常の抜け毛の場合は、季節によって、ばらつきがあるものの、大体同じ本数ずつ抜けていきますが、花粉症によるものが原因で、抜け毛になっている場合は、本数が花粉の飛散時期に集中します。また、頭皮がアレルギーによって荒れるため、強い、痒みがあったり、急激にフケが増加するのも特徴になります。こうした、時期的なばらつきがあるのが特徴です。また、複数の花粉症を持っている人は、花粉の飛散時期を確認するのが鉄則です。

花粉飛散時期の育毛・発毛の頭皮ケア

自分が花粉症によって脱毛の症状が出ているかどうか、判断を最終的にするには、皮膚科に行くのが必要です。頭皮環境の確認やアトピー等のアレルゲンのテストを行って最終判断されます。まれに、変えたシャンプーの成分によって、発生するケースもあるので、チェック確認をとるのが大切です。最初に、育毛・発毛のケアをする場合は、花粉をなるべく頭皮にくっついている時間を減らすことです。これは、髪の毛を洗うのがポイントになります。実は髪の毛にはプラスの静電気が発生しています。この静電気によって花粉を吸着してしまうのです。そのため、家に帰った場合は玄関でのブラッシングによって花粉を落とすのが基本になります。また、すぐに洗うのが基本で、洗う際には頭皮に対して刺激物が入って無いシャンプーを使用するのが基本です。

まとめ

花粉症は意外にも頭皮環境に影響を及ぼし、脱毛の原因になることが多いのが現状です。そのため、花粉症であり花粉の飛散時期のみ抜け毛が増加するケースに該当する場合は、医師の診断の下、花粉を長時間髪の毛や頭皮に付けない生活習慣が大切なのです。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です