育毛・発毛ケアが必要な季節っていつ?

1e12ba7cfa893d2e4e525fa11c9b053e_s

多くの人が頭皮ケアを気にして手入れをしていますが、年中同じケアをする必要があるわけではありません。季節によってケアの度合いが大きく異なります。つまり、育毛、発毛に特に気を配る人と言うのはいつの季節に気をつけるべきなのか?今回はそのポイントに関して紹介します。

毛が自然に抜けやすいのは秋

抜け毛が多い季節は秋です。これは、毛の生える周期が2~3ヶ月毎に変化している影響で発生しています。実は髪の毛は一定の期間生える時期と、髪の毛を生やす事自体を辞める時期毛根が休む時期の3つに分けられています。そのため、時期が一定期間経過すると毛が生える分量自体が減少することになります。加えて秋は、どうして抜けやすいのかというと夏の頭皮の疲れが直接影響してくる時期だからです。頭皮環境を改善するには、この秋の時期を如何に乗り切るのか?それが大きな必要性とポイントになります。頭皮環境が悪化しやすく、髪の毛自体が抜けてしまう時期にもなるので注意が必要になるのです。頭皮の状態と毛の周期両方共大きなダメージを食らいやすいのが秋の時期で、その時期の頭皮環境を整えることは、肌のダメージ自体を減らす大きなポイントにもなっているのです。意外にも夏や冬と考える人が多いのですが時期を知って対応するのが大切なことになります。

育毛・発毛のケアで注意すべき季節

では育毛と発毛のケアで注意すべき季節はいつなのか?それは5月からの夏場になります。どうしてこの時の季節が一番大きな関係になっているのかと、秋にかけて発生する頭皮の悪化の原因を計算しないで頭皮ケアを行っている人が多くいるからです。頭皮のケアを考える場合は基本的に、2~3ヶ月後の頭皮環境を意識して考える必要があります。つまり、髪の毛の頭皮を守るには、5月から念入りにケアをする必要性があるのです。その理由として、頭皮の状態には多くの種類がありますが、ケアを全て行うのは共通になります。頭皮の環境を整えるには、髪の毛や頭皮の照射と汗をかかないようにすることが大切です。また夏場は、夏バテで、十分な栄養を摂取できない時期でもあるので、きちんとした栄養のある食べ物を食べていないといった可能性もあります。栄養があるものをしっかり食べて夏バテしない、頭皮の環境が悪化するような状況に陥らないようにする、このことが非常に大切な部分なのです。

気持ちが落ち込みやすい春も要注意

実は精神的な部分で抜け毛が発生するのは春なのです。春の時期には、色々ストレスが多くなる事態が発生します。進級、進路、会社の移動や就職、転職、慌ただしい時期にもなります。こうした時期は、精神的にもストレスを抱えやすい時期でもあり、ストレス性の脱毛になりやすい時期にもなります。また、自律神経の調整が難しい時期でもあり、気温の温度差も激しいため、体の調整機能に関してもストレスが溜まりやすい時期です。加えて、大気も乾燥しているため、頭皮の乾燥によって髪の毛自体が抜けやすいという人も出てくる時期になります。自分の頭皮が乾燥肌の人、ストレスを溜めやすい人は要注意です。また、春先の脱毛の原因はこの様に複合的な要因で発生することが多いため、一つの対策だけでなくて、他の対策をすることも大切になってきます。

まとめ

髪の毛が一年で一番抜けやすいのは秋です。そのため、夏場の紫外線や汗のダメージをなるべく減らすようにすることが大切な要因になってきます。また春先は、頭皮が乾燥したり、ストレスの関係で髪の毛が抜けやすくなります。育毛、発毛にはこうした季節による髪の毛が抜ける要因を消すのも大切なポイントになります。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です