紫外線は発毛と育毛の敵

43b175c7f5686e5dc530e586940327fa_s

多くの人が知っている紫外線は、実は髪の毛に対しても大きなダメージを与えます。紫外線ケアは発毛と育毛の大きな敵なのです。今回は、そんな紫外線が育毛と発毛の敵になる理由と原因を紹介します。

原因は紫外線。どうして育毛の敵なのか~髪の毛への影響~

紫外線は人間の美容の大敵で、皆さんは肌のスキンケアを中心とした対策を立てている人が多いのが現状ですが、よく考えてみてください。紫外線が一番当たるのは、太陽の光が直線的に当たる頭頂部なのです。そして、髪の毛は紫外線を吸収してしまうのです。日本人の髪の毛の色は黒が主流で、黒は紫外線を吸収してしまうといった特性があります。紫外線を吸収してしまうということは、その分紫外線が髪の毛のアミノ酸のバリアであるキューティクルを中心に傷を着けてしまうことになるのです。髪の毛がアミノ酸が多く含まれていますが、そのアミノ酸の一番外にあるキューティクルが紫外線によって損傷してしまいます。一般に抜け毛というのは、抜け毛が発生する要因にドライヤーという人がいますが、実は頭皮に照らされている紫外線は馬鹿に出来ないのです。また、直射日光が当たれば、その部分は熱を持つようになります。そのため、紫外線は注意が必要なのです。紫外線以外に髪の毛を痛めつけている大きな要因がある場合は、髪の毛が傷つける度合いを加速させるので注意が必要になります。

紫外線が発毛の敵になる理由~頭皮が傷つくため~

紫外線が発毛の敵になる理由に頭皮を傷めつけるといった大きな問題があります。頭皮が傷めつけられる理由に紫外線にはA波とB波があります。B波日焼けの原因とされている紫外線で、頭皮に照射されると頭皮の細胞を損傷すると言った問題を引き起こします。ですが、発毛の敵になるケースとして、一番は頭皮に照らされる紫外線の中でもたちの悪いのがこの紫外線です。この紫外線は人間の肌の中にある一番支える中心であるコラーゲン繊維を壊す効果があります。加えて、コラーゲン繊維がある真皮に達するまで、この紫外線はその間にある細胞をことごとく破壊していきます。破壊するのは、頭皮に走っている毛細血管や、毛母細胞といった発毛に関係する重大な細胞になります。こうした細胞を傷つけていってダメージが溜まった状態で、他の抜け毛の原因になるような要因がある場合は、髪の毛が抜ける大きな問題になってしまうのです。故に、頭皮を傷つけるといった意味でも、紫外線は大きなダメージの要因になり、大きな原因になります。

紫外線の有害性~活性酸素を作る~

更に頭皮に紫外線が悪い理由として、活性酸素を紫外線自身が作る事が知られています。活性酸素とは、文字通り物質を酸化させてしまう効果が高いとされている酸素の事を言います。頭皮で酸化を避けるべき物質は、頭皮にある過剰な皮脂や汗になります。皮脂は酸素と反応することによって、頭皮環境を悪化させる酸を発生させます。酸を発生させると頭皮を保護する、細胞膜が壊れてしまうので、頭皮環境が一気に悪化してしまうのです。頭皮の細胞膜が壊れるということは、その分紫外線に対する防御機構も低下してしまうので、その分頭皮環境が更なる悪化の傾向を辿るようになります。故に、育毛と発毛のためには、紫外線は髪の毛、頭皮に対しても大きな害を与えてしまうようになってしまうのです。

まとめ

紫外線は髪の毛だけでなくて頭皮に対しても大きなダメージを与えてしまうのです。髪の毛にはキューティクルを、頭皮の場合は土台になる皮膚組織と毛母細胞を傷つけてしまいます。また、紫外線は頭皮の環境下で活性酸素を作り出して、頭皮を酸性の状態にしてしまう危険物質なのです。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です