頭皮環境と種類別の育毛・発毛ケア~乾燥肌~

b6bf1b300f82bfbe83994de54abb905b_s

自分の頭皮の環境がどのような環境なのか、知っておくということは、それだけ、髪の毛が生える土台に関して、熟知していることになります。健やかな頭皮の環境を維持することは発毛・育毛関係にとらわれず優れた方法になるのです。今回は、そんな頭皮環境をチェックする方法と、その種類別ケアに関して紹介します。

自分の頭皮ってどんな状態かを知っておく

頭皮は自分の目ではあまり見ることが出来ない部位になります。自分の頭皮の質が、分からないからこそ間違った商品を選んでしまうのが大きな問題になっているのです。自分の頭皮の判断の仕方は、自分の手の肌の質とほぼ一致しています。もともと、乾燥肌の人は頭皮も乾燥肌、敏感肌の人は敏感肌になります。しかし、実際には、仕事時の服装によってや髪の毛を染めている染めていないといった部分も絡んでくるので、判断が出来ないという方も多いのです。帽子をかぶっている人は、通常よりも湿った状態になるので、手の肌が乾燥肌の人でも、頭皮は普通の肌の場合が多く一段階湿った状態になります。手の肌が普通の人で、髪の毛を染めている人は、薬品の影響で少し乾燥肌、もしくは敏感肌になる事が多いのです。そのため、頭皮と実際の肌の質には大きな違いがあるというのは、こうした事がもとになっています。また、頭皮環境は遺伝をすることが多く、自分の肌の質が知りたい人は、親や兄弟の肌の質を見ていると、自分の肌の質に近いものを判断することができます。また信頼できる美容師に肌の質を見て頂くことも自分の肌の質を知ることが出来る大きなきっかけになりますので、勇気をもって質問するのはメリットなのです。

育毛・発毛のための乾燥肌の頭皮のケアのポイント

育毛・発毛のために自分の肌が乾燥肌と判断できた場合は何に注意をすれば良いのでしょうか?ポイントは、適度な油分の補給と、頭皮を刺激する物質をなるべく避けるようにするのがポイントになります。適度な油分の適度とは、あくまで植物性油脂や、頭皮環境を維持するために必要な不飽和脂肪酸の以外の油になります。脂っこい食事を食べて頭皮をべたべたにすればいいわけではないのです。頭皮の中の脂は、栄養分になり、大腸菌の増殖やダニ等の原因になります。更に、油が酸化することによって、酸が発生するようになるので、注意が必要になります。酸が発生すると、頭皮を刺激するようになるので、避ける必要があるのです。その油でない、オリーブオイルホホバオイルといった油は、酸化することなく頭皮に浸透する油になるので、頭皮環境を整えることが出来ます。また、細胞は元々油を細胞膜に含んでいますが、乾燥肌の場合は、この油が不足しているので、細胞膜に近い油を補給するのは大きな意味があるのです。乾燥肌の人は、細胞膜が傷ついていると言いましたが、その分、刺激物の反応が強いため、髪の毛を染める場合は、ヘナといった天然成分か、美容室で染めるのが基本になります。

乾燥肌の人の注意点~食生活~

発毛に気を配る場合は、食生活も大きなポイントです。乾燥肌の人は食事に良質の油を摂取するようにするのが大切なポイントになります。頭皮環境を整えるにはアミノ酸を含む成分が何よりも大切になりますが、油も同じぐらい重要なのです。お勧めしたいのは、さけやツナといったものを食べる事です。魚は特に良質の油と、アミノ酸を摂取することが可能です。また、アーモンドといった豆類も同じぐらい重要で、肉や魚では摂取できないアミノ酸を摂取することが出来ます。

まとめ

乾燥肌の頭皮は、元々乾燥肌の人に加えて、普通の肌の人でも髪の毛を染めている場合は発声している事が多いのが特徴です。良質の油を摂取しつつ、アミノ酸を摂取する事、また通常のケアでオイルマッサージ等で油分を補給するのがポイントです。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です