妊娠時の発毛を阻害する頭皮環境の悪化を防ぐには

40550b1eb5344b37d71a42da87b9d863_s

女性が妊娠すると発生するのが抜け毛です。また同時に抜け毛の原因になる頭皮環境の悪化が大きな原因になります。健やかな発毛や育毛のためにはこのような頭皮環境の悪化は妨げになるだけでなくて、抜けてしまった毛は出産後に戻るものの、美観的にもあまり良くありません。今回はそんな妊娠時の発毛を阻害する頭皮環境の悪化を防ぐ方法を紹介します。

妊娠時の発毛や育毛を阻害する頭皮環境の悪化とは?

妊娠時によって頭皮環境が悪化するのは、女性ホルモンの影響が大きな要因になります。妊娠時には、通常のホルモンの周期の時に分泌されるホルモンの量よりも多く分泌されることで、妊娠の状態を保つようにしているのです。つまり、通常の生理周期の女性の体とは違って妊娠を維持するため、長時間大量のホルモンを女性の体は維持する必要があります。故に知っておいて欲しい注意すべき点として、女性ホルモンの中でもプロゲステロンというホルモンが、より多く分泌される点です。プロゲステロンは、女性の体温を上げる大きな効果があります。そのため、女性の体温が大きく上昇することで、頭皮環境が悪化して、肌荒れの大きな原因になるとされているのです。つまり、妊娠の抜け毛の大きな原因になるのはプロゲステロンが多く分泌されること、それによって肌荒れと汗が発生して、頭皮環境が大幅に変化する事が育毛や発毛を阻害する大きな要因になります。

妊娠時の発毛・育毛の頭皮環境の悪化の対策

妊娠時は先程紹介したとおり、高温期で汗が多く出やすいのが特徴になります。汗が多く分泌されるということは、頭皮が非常に蒸れやすい環境であること、加えて頭皮の細胞膜が酸によって荒れやすいのが特徴になります。この時に、自分の頭皮に合わない高刺激の商品を使用してしまうと、頭皮環境は更に悪化してしまうので、荒れやすくなります。妊娠時は、プロゲステロンの量が、10ヶ月減少しないのが特徴なので、注意が必要になってきます。つまり、プロゲステロンが減少しないことで、荒れて回復するエストロゲンの量で頭皮の回復ができない状態になるのです。故に、注意して欲しいのは、刺激自体を与えないといった事が大きなポイントになります。頭皮自体に刺激を与えないのは、自然派を選ぶ、もしくはアトピーの人が使用する低刺激の商品を妊娠時のみ使用するといった方法があります。これによって、妊娠時の発毛時、育毛時のトラブルを解消することが出来るようになるのです。

妊娠時の発毛・育毛のために避けるべきこと

妊娠時には頭皮の刺激になるようなことはNGで、通常なら髪の毛を染めたとしても問題にならない人も、なってしまう可能性が高くなります。そのため、頭皮環境を改善するには、妊娠時には、髪の毛を染めるのは避けるべきなのです。また、美容室で髪の毛をカットする人が多いのですが、通っている美容師さん等に、頭皮の状態等を教えてもらうというのも一つの方法になります。美容室のスカルプケアといった物をすると、良い場合と悪い場合がありますので、妊娠前に行っているケア以外は避けるようにするか、相談して必ず確認するのが基本です。妊娠時には頭皮環境の悪化によって回復力が著しく減少しているので、その部分に注意することが何よりも大切になってきます。

まとめ

妊娠時の発毛や育毛のトラブルの大きなポイントにホルモンバランスがあります。ホルモンバランスによって大きなトラブルが発生するので、シャンプーを低刺激の物に変えること、髪の毛を染めるということは避けたほうが無難です。また、美容室等のケアに関しても慎重になるべきなのです。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です