発毛阻害の原因の妊娠時における頭皮のトラブル

c134197882649866167da216cae04ee5_s

妊娠時の時に重要な事が、頭皮のトラブルに見舞われる確率が劇的に上昇する事実です。妊娠すると、顕著なのは糖尿病や高血圧と言った症状が中心になりますが、意外にも多くの発毛に関するトラブルの一つである、頭皮環境の悪化が生じます。今回は、妊娠したら発生する頭皮のトラブルに関して紹介します。

妊娠するとそもそも頭皮環境はどのように変化するの?

女性は一ヶ月に一回月経が周期的にあり、その月経があることによってホルモンの量が変化するようになっています。しかし、妊娠するとその時とは体の状況が変わってきてしまうのです。妊娠すると女性の体温は上昇します。これは、子宮内にいる赤ちゃんを育てるために、体温を高くする必要があるからです。ここで分泌が盛んになるのはプロゲステロンです。このホルモン、実は頭皮環境を悪化させるホルモンで、高温期の時の肌トラブルの原因になるホルモンになります。このホルモンの分泌が妊娠初期は盛んになるため、頭皮環境が悪化しやすくなるのです。プロゲステロンは妊娠のためには重要なホルモンで、子宮内膜を整えるといった大きな効果があります。体の代謝が体温の上昇によって、変化してくるようになるので、注意が必要なのです。体温が上昇するようになると、その分汗をかくようになります。この汗が、頭皮の環境を悪化させてしまい、場合によっては、通常のケアではカバーしきれないほどの肌のトラブルを発生するようになるのです。そのため、頭皮の環境が妊娠によって変化するというのはこのためです。このプロゲステロンの分泌は妊娠が進めば進むほど、大きな分泌量を増します。エストロゲンの量も分泌はされますが、通常の生理周期のようにプロゲステロンは減少しないので、体温が高い状況が10ヶ月続くようになるのです。

妊娠時の頭皮のトラブル~痒み~

一番発生するとされているのが妊娠時の頭皮のトラブルの痒みです。痒みが発生する理由とはどのようなことなのでしょうか?痒みが発生する理由として知っておいて欲しいのは、頭皮の2つの部分にトラブルが発生すると問題が起こるようになります。頭皮の中でも、毛穴がありますがこの毛穴が塞がれるようになってしまうと、痒みの原因になります。皮膚呼吸が出来ない環境は、頭皮の正常な発育を良い状況にすることが出来ないためこうした問題が発生するようになります。次に、自体pHが酸性側によっているため、皮膚の細胞の細胞膜を溶かしてしまう問題があります。酸性の汗は、頭皮を荒らす大きな原因になります。故に、汗をかけばかくほど頭皮が酸性になって、シャンプーでカバーできないほど多くの汗をかくようになってしまった場合は、肌が回復しないまま汗にまみれた状態が頭皮環境を悪化させてしまうのです。つまり、通常の肌のキメの状態にならないまま、髪の毛の痒みが発生するようになるために、痒みが発生して最悪の場合は抜け毛の原因になります。

妊娠時の抜け毛の原因~フケ~

抜け毛の原因に上位に上がるフケもですが、これも、妊娠時における肌の細胞が死滅することによって発生する皮膚のトラブルになります。フケが厄介なのは、頭皮の上にいる雑菌やダニのエサの原因になってしまうことです。これらの生物が、フケを分解すると、更に酸性の物質が発生してしまうようになります。そのため、フケが原因になる場合は、アトピーのような湿疹や異常な痒みが起こるようになります。

まとめ

妊娠時における頭皮のトラブルはホルモンの中でも、プロゲステロンの分泌がよりいっそう多くなることで、女性の体温の上昇による汗が原因で発生します。そのため、自分の頭皮は通常時よりも汗をかきやすいため、痒みやフケと言ったものが多く発生するようになるのです。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です