生理周期別の頭皮のケアのポイント

b2fe6ca52e75b3932615de90d979aeb3_s

生理周期によって自分の頭皮に大きな変化があります。その変化に合わせて、ケアの工夫や、商品を選ぶというのは発毛や育毛に関して大きなポイントになります。今回はそんな、生理周期別の頭皮のケアや頭皮を傷めない工夫を紹介します。

髪の毛を染めるのは生理後がベスト

ヘアリングをしている人は多く、自分の髪の毛を理想の色にすることを楽しみにしている人は多いのですが、肝心な肌の質が悪くなってしまっては大きな問題になることがあります。その肌の質に関して言えることがあります。肌の質は女性の場合は一定ではないのです。女性の肌はそのホルモン分泌の関係で変化しています。肌の回復力がホルモンの分泌量で大幅に変化するのが女性なのです。男性と違うのはホルモンのバランスや分泌量によって肌自体が大きく変化することです。つまり、知っていて欲しいのは、髪の毛を染める場合は、肌の回復力が良いとされている時に行うのがベストになります。それは、女性で言うと低温期になります。女性ホルモンのエストロゲンは、頭皮の質を非常に良くするホルモンになります。その時期は頭皮に多くの血液が行き渡りやすくなり、頭皮が薬品で細胞膜が傷ついてしまった場合でも、回復できる可能性が非常に高い時期でもあるのです。この時期に髪の毛を染めると、頭皮のダメージが最小限に済むようになります。そのため、頭皮環境の状態が多少傷んだとしても、回復力が早いのです。その時期を知っておくのとおかないとでは、頭皮環境の状態に大きな違いがあるのです。髪の毛を染める場合は、2~3ヶ月に一回することが多く、毛根まで染めることを考えると大きな差が出てきます。

自分にあったケアセットは一ヶ月のうちいつ購入したら良いのか?

自分の発毛や育毛に関するケアセットを購入する場合は、商品を購入する際いつのタイミングで購入したら有利なのかと言いますと、頭皮が一番脂ぎっている時期、つまり高温期にピッタリの商品を選ぶのがベストなのです。高温期は肌の状態が敏感肌で、なおかつ頭皮の中でも最悪な状態の時期になります。この時期に、頭皮の状態が整う効果があったり使用する本人が快適であると言った特徴がある場合は、自分にあっている商品になります。また、頭皮の環境が生理前、生理後で大幅に変わるといった場合は、髪の毛を普段から濡らしている状態で判断することが出来ます。加えて髪の毛にシャンプーをつけた状態で、泡立ちが大幅に違うといった特徴がある場合は、生理後と生理前両方試供品で良いので試したほうが無難なのです。頭皮環境の変化の大きさは個人差によりますが、自分にあった商品を選ぶポイントして、頭皮環境が悪い時にケアをしてくれる商品を選ぶのが失敗しない方法です。

生理周期別の頭皮ケアの注意点

最初に自分の高温期や低温期って、どうやってわかるとかというと基礎体温になりますが、そんなことをしなくても判断する方法があります。それは泡立てた時につける泡の髪の毛や頭皮に残る量で判断できたり、すすぎでも同じ量の水でも水切れが悪くなるといった症状や変化がでます。こうした変化を知っておくと頭皮ケアの変化の境目と考えて良いのです。頭皮環境の変化に付いて行きにくくなる高温期は頭皮の洗浄を丁寧に行ったり、すすぎを多くすると言ったことだけでも、十分に頭皮ケアの対策を行うことが出来ます。故に、生理周期に合わせて、頭皮ケアを行うのが大きなポイントになるのです。

まとめ

女性のホルモンのバランスによって、体の頭皮の環境は生理を境目に大きな変化を引き起こします。故に、変化する事実を知って、自分に適した商品を選ぶポイントや、すすぎといったケアに注意を払う必要があるのです。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です