発毛・育毛と生理周期

24dfb452c4610a8b75cda2b0da135486_s

女性の体はホルモンが大きな関係を持っています。ホルモンの変化によって頭皮環境が変化しており、ケアをする時期によって効果が違うのです。時期によって違う効果が出る場合は、どのような対策とポイントが必要なのでしょうか?今回は発毛・育毛の生理周期の関係について紹介します。

最初に知ってほしい生理周期と頭皮の性質

実は生理周期によって女性の頭皮の環境は大きく変化してします。変化する頭皮の環境は、使用するシャンプーや育毛剤の効果に大きな差があることが知られているのです。多くの商品がある中で、効果がある時期とそうでない時期の差が激しい理由は何なのでしょうか?それは、生理周期によって肌の質が大いに変化するようになるからです。そのため、生理周期の中で高温期と低温期がありその差によって肌の質が大きく変化します。エストロゲンが多く分泌されるようになる低温期は、基本的に肌の質が非常に良くなる時期にもなります。肌の質が良くなるというのは、キメが細かい、肌がつやつや、吹き出物やニキビができにくいといった状態になります。女性なら、生理の後、肌の質が非常に良いというのは洗顔を行った時点でもわかるかと思います。その肌の質は頭皮にも、大きな変化を与えているのです。それを知らずに同じ製品を使用している場合があります。こうした場合は肌の質の変化にも気づかず、頭皮環境が悪化して抜け毛の原因になるのです。

頭皮環境と生理周期

頭皮環境と生理周期の大きなポイントに、生理周期がある場合で高温期の場合は、普段よりも肌の状態が悪化します。どのように悪化するのかが、実は個人差によって大きく異なります。自分の頭皮の状態と肌の状態を考えた時に、肌の状態が、生理の高温期になった時にニキビが出来やすい人は、頭皮も脂ぎっている可能性が高く、乾燥肌になりやすい人は乾燥肌になっていると考えて良いのです。また、肌の質が大きく関係するにあたって、頭皮は、肌が見えるわけではないので、気づきにくいのですが、高温期の時は肌の回復力が遅くなっているのが現実です。肌の回復力が遅いというのは、傷ができても回復がしにくいということになります。そのため、肌のダメージを与えるようなことは基本的にNGになります。自分の肌の状態が高温期かどうか、判断が見た目でわかりにくい場合は、睡眠時間が長くなっている、イライラしやすくなっているといった心身の変化にも気を配ってみてください。すると変化がはっきりとわかるようになります。

高温期にしてはいけない肌のケア

高温期にしてはいけない頭皮に与えてはいけないダメージとして、肌の回復力を妨げるような溶剤の使用は避けた方が無難なのです。つまり、知っていて欲しいのは、シャンプーやリンスだけではないということなのです。シャンプーやリンスの使用回数や、場合によってはすすぐタイミングやシャンプーを使用する量と言った部分も調整する必要があります。ですが、一番やってはいけないのが、髪の毛を染めるといった行為や、ヘアマネキュアを含めた髪の毛を染める行為になります。髪の毛を染める行為は原則的に、やらないのが基本です。注意して欲しいのはこうした部分に配慮して、頭皮の変化に合わせて、傷つける要素がある場合は、同じケアや頭皮の状態を考慮すると頭皮のダメージを最小限にすることができます。同じケアで頭皮環境が守れるなら大きなメリットがある方を選んだほうが良いのです。

まとめ

生理周期によって自分の頭皮環境が変化して、同じケアをやっていても効果がない場合があります。その場合は、自分の肌の頭皮環境が大幅に変化していることが大きな原因になっているのです。その変化にあったケアをすることが大切になってくるのです。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です