発毛のマッサージに使用するオイルの使用法

4169aae2d63070078f6f180b4e49bf62_s

発毛のマッサージに使用するオイルには有効な使用方法があります。使用方法の種類によって、自分が適した肌なのかそうでないのか?頭皮の肌質に合わせて、使い方を分けるのが基本になります。今回はそんな、マッサージに使用するオイルの使用法に関して紹介します。

頭皮のオイルマッサージの種類

頭皮のオイルマッサージの種類は2種類あります。一つ目は、頭皮をそのまま髪の毛が乾燥している状態で行うドライマッサージ、次に、頭皮が濡れている状態で行うマッサージがあります。いずれの方法のどちらが良いのと聞かれますが、両方共一長一短なのです。それは、自分の肌の質によって頭皮環境が大きく変わるからです。濡れている状態でマッサージするのが良いのか、ドライでマッサージを行ったほうが良いかは、頭皮の肌質と、マッサージする前の肌の状態が大きな関係性を持っています。ですので、頭皮のオイルマッサージを行う前には、頭皮の状態を知るのが何よりも大切なことになります。その目安は、自分の肌が乾燥肌の場合はドライでのマッサージを、脂っぽい場合はウエットでマッサージを行ったほうが無難になります。普通肌の場合は、両方を試してみて良い方を選ぶのが基本になります。

頭皮マッサージを行う際の大きなポイント~ドライマッサージ~

頭皮マッサージを行う際に、ドライマッサージをする場合は、自分の肌が乾燥肌であることを確認してください。頭皮が多くの油がある場合は、油まみれになってしまって、十分にマッサージオイルの効果を発揮することが出来ないのです。また、油が多くありすぎる状態になるので、頭皮環境を整えることができなくなります。過剰な油は頭皮の毛根を塞ぐ栓になってしまうからです。そういった状態を避けるのが第一前提になります。乾燥肌の場合は、逆に頭皮に油がない状態になるので、程よい油がしみ込むドライマッサージの方が有効的です。ドライマッサージを選択した場合は、髪の毛のブラッシングが大きなポイントになります。ブラッシングが大切な理由は、ブラッシングを行うことで、頭皮ではなくて髪の毛に油分が多く溜まる状態を避けることができるからです。頭皮に油分を浸透させやすい環境を作るのが発毛に関するオイルマッサージになります。

頭皮マッサージを行う際の大きなポイント~ウェットマッサージ~

頭皮が濡れている状態、お風呂で主に行われる頭皮のマッサージの良い点として、マッサージ後すぐに洗い流せるといったメリットがあります。頭皮に多くのいらない油分がある場合は、一旦お湯で頭皮を濡らすことで解消することができます。頭皮を濡らすことで、毛穴を開くことも可能です。ウェットの利点は、多くの有効成分が濡れていることで、少ない量でも染みこむといった多くのメリットがあります。少量でも染みこむということは、その分肌の芯を中心にマッサージを行うことも大いに可能になります。また、油分が多い肌は長時間オイルに触れると、更に症状が悪化しますが、その後シャンプーをすることで、油分を調度よい状態に減らすことができます。ウェットマッサージは髪の毛の質が悪い場合もおすすめで、椿油やオリーブオイルといった肌や髪の毛の保湿効果があるものを使用するのと一つで、頭皮も髪もケアを行うことが出来るのです。

まとめ

頭皮マッサージを行う種類は2種類あります。ドライの場合で行う場合は、ドライマッサージと呼ばれており乾燥肌の人が中心になります。ウェットマッサージは一度頭皮を濡らしたことで行うマッサージで、頭皮に不必要な油分を残さない方法で、脂肌の人や髪の毛に非常に傷ついている場合に行うマッサージになります。