発毛シャンプーの成分

952da6d1331b724975626578df93f914_s

発毛シャンプーとは多くの商品が販売されていますが、実際にどの商品を選んだら良いのかわからないという人も多いのが現状になります。全てのシャンプーが実際に良い商品なのか?判断しないまま商品のパッケージや広告の影響で購入してしまうのが現状です。今回は発毛シャンプーの成分で良い物って何という疑問に答えます。

発毛シャンプーの成分~アミノ酸~

発毛シャンプーで良いとされている成分はアミノ酸です。どうしてアミノ酸なのか?実は人間の髪の毛を洗う際には、頭皮にも大きなダメージがあります。頭皮には、お湯によって頭皮がふやけた状態になり、加えて、洗浄成分によって、頭皮の中のアミノ酸が流れだしてしまうのです。流れだしてしまうのは仕方がないのですが、その量はシャンプーの成分によって調整することが可能です。そのためには、シャンプーの中でもアミノ酸の入ったシャンプーを選ぶのが大きなポイントになります。「ココイル…」、「ラウロイル…」この成分の記載が書いてある商品は、洗浄成分が、アミノ酸系になるので、頭皮の洗浄によって流れでた、アミノ酸の量を減少することが出来ます。有効な成分を選ぶ場合は、この表記が記載されていることを確認するのが原則になります。

スカルプシャンプーのスカルプの記載の意味とは

良く発毛シャンプーで聞くスカルプという表記は何なのか?結論を言いますと頭皮という意味になります。実は、通常販売されているシャンプーは髪の毛自体を綺麗にすると言った前提で販売されている商品が多く、それを正しいと思って購入をしているのです。発毛の場合は、頭皮の環境を整えて、その頭皮から髪の毛が生えることを前提にしている商品になります。そのため、知っておいて欲しいのは、このスカルプシャンプーは頭皮に優しいとされている商品が多いということです。ですが、この表記は最近、頭皮に優しくない成分のシャンプーでも記載が目立つようになってきました。スカルプという文字は商品を選ぶための前提であって、一番は成分を見るということが大切なのです。大枠のくくりとして、シャンプーの成分を絞るには良い表記ですが、あくまで、大切なのは洗浄成分になるので、その部分の確認が大切になります。

発毛シャンプーのポイント

発毛シャンプーは頭皮の汗ばんだ環境を整えるといった意味が大きいのが特徴です。そのため、頭皮から吸収できる成分として重要なのは、通常の皮膚の状態を整える成分が入っているものは、シャンプーとして発毛の効果が期待できる商品になります。例えば、椿油や馬油が良いとされているのは、頭皮を含む皮膚の油脂成分に近く、浸透が良く皮膚の細胞の状態を整えるからです。人間の皮膚には、不飽和脂肪酸や皮膚の上にいる雑菌が分解した成分を洗浄した後、皮膚の環境自体を整えて改善する成分は、発毛シャンプーに適していると言えるのです。しかし、これは、洗浄成分が石油系の成分、界面活性剤が入っていないことが大きな前提になります。入っている場合は、どのように対処しても、有効成分がシャンプーの中に入っていても、成分上あまり良いことはないのです。シャンプーの洗浄成分が、頭皮を傷つけてアミノ酸が出てしまう割合が大きく、その成分を傷つけた部分を有効成分が補修しきれずに、またシャンプーを使用する負のサイクルになります。そのため、シャンプーの有効成分も皮膚に良いものとされているものが有効であり、洗浄成分がアミノ酸系が良いのです。

まとめ

発毛シャンプーには多くの有効成分や洗浄成分の種類があり、実際に商品を選ぶ際に悩む人が多いのが現状です。こうした問題を解消するには、アミノ酸系の洗浄成分と皮膚に良いとされている油脂を含んでいるシャンプーがとても発毛シャンプーの成分には適しているのです。