発毛を維持しながら髪を染めるには?

84e0bc6d095b2d4fd9f0e87fba3fdeea_s

発毛や育毛の環境を邪魔する大きな要因に髪の毛を染めるといった行為はタブーとされています。では、どうして髪の毛を染めること自体が、髪の毛を傷つけてしまうのか?またその状態を緩和するのは他の手立ては無いのか?疑問に思った人もいるのでは無いでしょうか?今回はそんな疑問に対して丁寧に解説していきます。

髪の毛の染める成分と抜け毛の原理

髪の毛を染めるのは、人間の髪の毛にあるメラニン色素を分解して、新しい色素を入れることで染色することができます。メラニンとは、人間の肌に出来るシミの成分と一緒ですが、人間の毛は、紫外線から組織を守るために自然と備えられた防御機構です。日本人の場合はこのメラニンが多く、そのため黒い髪の毛の人が多いのが普通です。茶色の場合は、このメラニンの分量が少ないのが特徴になります。ではメラニンを脱色するというとどういった事をするのかというと、薬品を使用して、人間の髪の毛の中にある、キューティクルをこじ開けます。髪の毛の艶の元になっているキューティクルを開くことで、メラニンを外に出させるのですが、この時知っておいて欲しいのが、同時にタンパク質も流出してしまうのです。そのため髪の毛が細くなってしまいます。故に、細くなっていくことで、本来の毛幅よりも髪の毛が薄くなってしまうので、抜け毛の大きな原因になってしまうのです。

髪の毛を染める染料の注意点

髪の毛はタンパク質で出来ています。そのタンパク質を無理やりこじ開けたり、流出するリスクを伴って、髪の毛を染色します。ですが、この染料が頭皮につかないで染色できることはあまりないのです。生え際が黒いままだと苦手という人は多いのでは無いでしょうか?そのために、生え際まで染める染料を塗って、染色する人も多いのです。髪の毛のタンパク質を流出させる、もしくは、溶かすといった効果があるものが皮膚について無害のままでは無いのです。肌につけば確実に、大きな影響を与えているのは間違いないなのです。肌の細胞膜を溶かしてしまうので雑菌等から守るバリア機能が壊れてしまったり、肌荒れの原因にもなります。そのため、頭皮の状態が大変悪くなってしまうのです。故に染める場合には、肌に優しい染料等を選ぶ、染める方法を見直すことも大切になってきます。

発毛や育毛をしつつ、髪を染めるには?

ガッツリ薬品で染めるのが、一般的な方法ではありますが、一番知っておいて欲しいのは、化学薬品でも使用する場合は美容室に行って染めること、自然派染料で染めること、ヘアマネキュアといった方法を試すといった事がおすすめしたい方法です。化学薬品を使用する場合は、髪の毛の市販品の染色料には基本的に染めるだけの成分しか入っていないのと、最小限の量を上手く一人で塗布できないといったデメリットが多くあります。染めることで髪の毛が抜けたというトラブルが多いのは自分一人で染めた場合での塗りムラ、必要なケアをしていない場合です。そのため、美容室行って、染めるということと、その後のケアをセットにして染めるのがおすすめしたい方法になります。次に手軽に行いたい場合は、染める染料自体を、ヘナと呼ばれる天然の物を使用するのがおすすめです。天然なので、肌のダメージが少ないことが大きなメリットがあります。購入の際には、商品の成分に化学成分が入らないようにするのが基本です。最後に、ヘアマネキュアは髪の毛の成分はそのままに上に塗る方法で染める方法になります。キューティクルを剥がさないまま、上から染料を塗布するので、髪の毛が傷まないのです。

まとめ

発毛を維持しながら髪の毛の色を変えるには、頭皮のタンパク質を流出させないことが大切になります。最小限で済ますために美容出に行く、天然成分を使用する、髪の毛のタンパク質を溶かさない成分で髪の毛の色を変えるのが大きなポイントです。