発毛と偏頭痛

4c27dbc156f9bfa0d3e25b47093bc705_s

発毛と偏頭痛には大きな関係があります。偏頭痛と発毛は互いに、脳や頭皮の血管の環境によって発症するため大きな関係性があるのです。こうした問題に対して、なる原因と解消できる方法に関して紹介します。

偏頭痛と抜け毛は同じことが原因だった

偏頭痛と抜け毛の悩みを持つ人は意外に多く、この2つが同じ要因で発生していると思っている人はあまりいないのです。ですが、この2つに関しては大きな相関性があって、改善していくことで2つの不快な症状を改善することが出来ます。この2つの症状が発生するのは、頭皮と脳内の血管が細くなっていることが大きな要因となっています。つまり、偏頭痛と抜け毛に追いて発生している要因に血管の径が狭くなっていることで、偏頭痛の場合は脳内に酸素が行き渡らない、発毛の場合は酸素と十分な栄養分が行き渡らないといった問題が発生している状態になります。そのため、血管の径が細い環境下を無意識になっている場合は、こうした症状が発生しやすくなってしまうのです。頭皮や頭に多くの酸素や栄養分を行き渡らせるというのが大きな対策の一歩であり、大切な部分でもあるのです。偏頭痛と抜け毛は同じ要因で発生するようになっているので、それを踏まえた上で対策を立てるのが有効的な手段になります。

頭皮と脳内の血管が細くなってしまう要因

頭皮と脳内の血管が細くなってしまう要因に、大きなポイントがあります。それは、肩こり、首こりといった凝りの症状があります。肩こり、首こりは、多くの人が悩ます症状の一つです。連日のデスク業務で多くの人が肩こりなり首こりを持っているのではないでしょうか?この症状がある場合は、脳内の酸素はもちろん、頭皮に行き渡るべきである毛細血管の径も狭くなっていることになります。元々、首や肩にある血管があることで径が太い状態になるので、その血管が凝りの症状になっている場合は、細くなってしまうのです。十分な酸素が行き渡らないのはこういった要因もあります。またストレスが溜まっている場合も、交感神経が過剰に働き過ぎているため、頭皮と脳内の血管が細くなってしまっている大きな要因になっているのです。知っておいて欲しいのは、頭皮と脳内血管が細くなっている要因は偏頭痛も抜け毛もほぼ同じ要因なのです。

発毛において重要なのは、抜け毛になる原因のストレスを解消することですが、仕事や人間関係以外にも大きなストレスの要因になります。例えば、環境ですが、温度が熱いもしくは極端に寒い場合もストレスが発生します。人間が洋服を着ている場合でも、体の温度調整機能に合っていない場合は大きなストレスの要因にもなるのです。また、睡眠不足も大きなストレス要因になります。十分な睡眠は交感神経を休ませる効果があるんですが、これが解消されていない状態になるので、ストレス要因になります。また、自分が不快に感じる物を長時間接している場合もストレスになります。その例の一例が洋服です。女性の場合はバイオリズムの関係で、ホルモンバランスが変化しますが、その変化にあってない状態で、窮屈な服や靴を履いている場合もストレスになります。一時的なものなら良いのですが、制服といった場合は注意が必要になるのです。

まとめ

髪の毛の発毛の大きな障害になっているものにストレスがあります。ストレスは必要な物ですが、ありすぎると逆に大きな問題を引き起こします。そのため、解消することが大切であり、発毛対策として見直す必要があるのです。