更年期の抜け毛と発毛対策

ca526e87282437bddadc6a220745d539_s

若いころは髪の毛が綺麗で、抜け毛が少なかったという人も、年齢を経て、更年期の時期になると抜け毛に悩む人も少なくないのが現状です。どうしてこうした症状を発生してしまうのか、それに気をもみ、更に抜け毛の症状が酷くなるケースもあります。今回は、そんな更年期と抜け毛に関して、疑問を解消していきます。

意外に知らない女性ホルモンの抜け毛抑制効果

女性ホルモンは女性らしさを作る大切なホルモンですが、女性の生殖機能以外にも大きな働きがあります。それは、カルシウムの破骨細胞の抑制や、毛細血管の径の調整機能といった物があります。いわば、体の機能のバランスを保っているのが、女性ホルモンの大きな働きになります。ですが、女性ホルモンの抜け毛の抑制の機能に大きな関係を持っているのはこの血管の径の調整機能になります。人間の髪の毛の構造は、毛母細胞が固まっている毛乳頭を呼ばれる場所があり、この部分が栄養を吸収することで、健やかな髪の毛の生育を担っているのです。つまり、髪の毛の成長に関わる栄養分が不足や滞ってしまう場合は、この髪の毛の成長に多大な影響をもたらすことになります。また、老廃物も栄養分を運ぶ力が滞ってしまうようになると、排出も遅くなってしまうので、髪の毛が抜けやすく環境になってしまうのです。女性ホルモンが減少するとこうした問題が発生するので、抜け毛の症状が起こりやすくなります。

更年期になると男性ホルモンの量が多くなる

更年期になると女性ホルモンが減少しますが、男性ホルモンの量は減少しない傾向になります。つまり何が起こるのかというと、更年期後は、男性ホルモンの方が多くなってしまうので、男性ホルモンが多いことで発生する症状が起こるようになります。男性ホルモンが多くなると、脂汗が多くなったり、髪の毛の抜け毛の原因物質であるテストステロンの分解物質である、ジヒドロテストステロンが発生します。ですが、若い頃は、エストロゲンといった女性ホルモンの髪の毛の環境を整える作用が大きいために、この抜け毛に関わる物質の働きは抑えられてきました。ですが、この段階で、更年期になったことで、エストロゲンが出なくなってしまうと、このジヒドロテストステロンの働きを抑える原因物質がなにも出なくなってしまいます。そのため、更年期になると抜け毛の症状がひどくなってしまうのはそのためなのです。年齢によってこの症状が発生することで、普段よりも多く抜け毛の症状が進行するようになってしまうのです。

更年期の抜け毛の対策

更年期の抜け毛の対策は、不足している女性ホルモンを食事やサプリメントで補う事をしつつ、頭皮環境が更年期前と更年期後で大きな差がでているので、対策を取る必要があります。最初に摂取すべきは大豆製品です。大豆製品に含まれているエストロゲンは、女性ホルモンの代わりの役割をしてくれるので、大変有効な手段になります。毎日大豆を食べることに抵抗がある場合は、サプリメントで良いので対策が必要なのです。次に取るべきは、シャンプーの見直しです。スカルプシャンプーといった頭皮の洗浄力が優れているものに切り替えたり、すすぎを長めにします。これは、頭皮の汗の質が、ホルモンバランスの乱れによって生じるためで、その変わった部分を意識して、普段のケアもシフトさせることが大切になってきます。更年期による体の変化は常に発生するものなので、上手く対処するのが大切です。

まとめ

更年期障害は誰にでもある症状ですが、意外に他の症状に比べて、あまり抜け毛に関しては知られておりません。女性ホルモンの減少と男性ホルモンの働きによって、抜け毛が発生しやすい環境になっています。その環境の変化に沿うように、生活習慣やケアを変えることが大切なのです。