発毛・育毛の努力はする意味があるのか?

87caa71176a06e7d403e0e83c62042ae_s

発毛・育毛の努力が辛くて、ケアをする意味があるのかと?悩む人がいます。特に老化によって体の状態が変化する時期はそういったことで諦めてしまう人も少なくは無いのです。自分の努力は無駄だと諦める前に、今一度見なおしてみませんか?今回は発毛・育毛の悩みに関して疑問を解決します。

発毛・育毛の努力が挫折し易い理由

発毛・育毛の努力が挫折しやすい理由に、自分にあった発毛方法がよくわからないがために、何をやっても無駄と決めつけてしまいがちなのです。実は、抜け毛の症状の進行速度自体があまりよく理解されていないといった問題があります。症状の進行は実はゆるやかに進行しているのです。毛母細胞に十分な栄養分が行き渡っていない、また生活習慣によって睡眠不足がよくあるといった事がかなりの頻度で続いている場合に発生します。実際に、髪の毛の抜け毛が目立つようになるには、かなりの時間を要しているわけです。それは半年といった、長い時間の上で発生しています。ですから、自分たちが一ヶ月で効果がある、なしを判断するのは早々なのです。最低でも、2ヶ月は様子を見たいところでもあります。髪の毛が生えるまでの休止期は2~3ヶ月かかります。栄養がいきわたっていないことで、こうした症状が発生する場合は、それくらい続ける必要があるということです。短期間での諦めは大きな後悔を生むことになるのです。

抜け毛に遺伝は関係するの?

自分の親の遺伝だからといって、諦めている人がいます。ですが、注意して欲しいのは抜け毛が発生するのは遺伝だけでは無いのです。遺伝が100%その人の頭皮環境を決めるわけではない事実を知っていただきたいのです。もし、遺伝で抜け毛が多いのであれば、若いころや病気によって、抜け毛が発生している状態になります。その場合は、治療が重要ですが、若い頃は髪生えていましたよね?年齢を取って抜けている場合は、老化と生活習慣が大きなポイントになります。わかりやすく言うと、糖尿病になりやすい遺伝子を持っている人間が糖尿病になるとしたら、世の中の人間殆どが糖尿病になってしまいます。なりやすいのは健常人よりもリスクは有りますが、そのリスクを理解した上で、なりにくい生活習慣を行っている場合は、その人には糖尿病は発生しないようになります。髪の毛の抜け毛に関しても、環境因子や生活習慣の部分が大きく、努力をすることでなりにくさを増やすことは可能です。努力をするという意味は、なりやすくなるリスクを限りなく減らすというのが正解なのです。

発毛剤・育毛剤を宛てにし過ぎない

努力の意味で間違ってしまいがちなのは、基本的に、外からかける市販の医薬品のみを使用した場合です。これのみ使用した場合は、発毛にあまりつながらないので注意が必要になります。なぜなら、抜け毛の原因になっている、要因を改善していないからです。根本の要因は、体の中にあります。それを外からの刺激によって改善できるのは、100%中の40%ぐらいなのです。残りの60%は、頭皮の毛細血管の環境だったり、栄養分だったり、体の環境によって大きな差が出てきます。つまり、体質自体を改善することで、抜け毛というものを改善し、休止している毛母細胞を刺激して、髪を伸ばすことが出来るのです。外の環境だけを改善しようとする努力だけでなくて、それ以外の努力をしているでしょうか?今一度、見なおす必要がありそうです。

まとめ

発毛・育毛の努力の改善は必須ですが、多くの人が結果を出す前に諦めてしまう人が多いようです。ですが、発毛に関していうと、簡単に諦めるのは大きな間違いであり、期間や方法等を場合によっては見直しつつも続ける意味があるのです。