発毛とミノキシジル

118038ff0e4b9413ab612f8a95aab89d_s

発毛に関する成分にミノキシジルといった成分があります。この成分を使用することで、多くの人が発毛や育毛の悩みを解消しています。しかし、この成分が入っている製品を購入する場合には色々注意が必要になります。今回はそんな発毛とミノシキジルの疑問や効果に関して紹介します。

発毛とミノキシジルの大きな関係

発毛にはミノキシジルが大きな効果を持っています。では、どうして効果があるのでしょうか?そもそもミノキシジル自体は、発毛剤に使用されている成分ではありませんでした。血管の拡張薬として使用されており、心筋梗塞といった重大な臓器の血管を広くするための薬剤だったのです。ところが、治験で、この薬剤を服用したところ、発毛が見られるといった副作用を、主作用に変えて、販売を始めたのがきっかけになります。つまりもとは、髪の毛の発毛用ではないのです。血管の拡張効果が、頭皮の小さな血管を拡張する効果があるために、頭皮にある毛乳頭の細胞に多くの栄養分を与えるようになります。休眠期になっている毛乳頭に多くの栄養分が行きわたることで、毛が生えはじめるようになるため、ミノシキジルによって発毛が認められるようになります。ミノキシジルは日本で、唯一治験によって発毛が認められる形で、認可されている薬剤になっています。

実際にミノキシジルはどこで販売されているのか?

ミノキシジルは基本的に、第一類医薬品に分類されており、薬剤師がいる薬局か実際に発毛に関わる外来の医者の診察によって、薬剤師から処方されることで使用することが出来ます。第一類医薬品に分類されている理由として、この医薬品が血管の拡張効果があるため、使用してはいけない病気や、使用前に副作用を教える事が大切だとされているからです。実は、ミノキシジルを飲んでいる人は、使用してはいけない薬剤に狭心症薬があります。血管の拡張する、機序が、ミノキシジルと拮抗するために、使用することで副作用を引き起こす可能性が有るからです。薬剤によって、血管を無理やり広げるという事で、頭皮の血管の環境を改善するのが目的となっているので、血管を拡げることで身体の状態を改善する薬との併用は不可とされています。頭皮に使用する商品でもダメなのと言われますが、実際に副作用に悩まされる人や、元から服用していた薬剤の効果が切れる危険性があります。最近は、女性の場合でも狭心症薬を服用している場合も多くなってきているので、使用の前には自分の使用している薬剤に関して伝えることが大切なのです。

ミノキシジルの使用法の注意点

ミノキシジルを使用する場合は、基本的に、頭皮を綺麗にすることが大切なのです。綺麗にするという意味は、頭皮に無駄な脂質や汗が残っていると薬剤に含まれている有効成分が薄まってしまうのです。薄まってしまうと、浸透する成分が少なくなってしまうので、あまり良い効果が出ないようになってしまいます。また、ミノキシジルだけに頼るのではなくて、血管の径が狭くならないようにすることも大切なポイントになってきます。ストレスや、喫煙といった血管に負担がかかるようなことをしている場合は、薬剤を使用したとしても頭皮の血管の径が細くなるような体の状態が続いているので、問題の改善にはなりません。そのため、発毛に関してミノキシジルを使用する場合は、体の血管の径自体が狭くなるような問題を引き起こさないのがポイントになります。

まとめ

ミノキシジルは血管の径を拡げる大きな有効成分を持っています。そのため、使用してはいけない薬剤があるので、使用前に薬剤師に相談することは必須です。また、使用の際には、頭皮の血管が狭くなるような生活習慣は避けるのが基本になります。