発毛のケアの種類とは?

112a8cec7c88d7d82ec0bc33860c4bcb_s

そもそも発毛のために何をすれば、発毛するのか、抜け毛は減少するのか?あまり知らない人がいます。発毛におけるケアは基本的に、何をすべきなのか?今回は、そのケアの種類とポイントを紹介します。

頭皮環境を整える~シャンプー・リンス~

髪の毛が生える頭皮は通常の組織に比べて、大変蒸れやすい箇所でもあります。それは頭皮自体が汗をかくといった問題もありますし、頭皮には油も発生します。頭皮に含まれている汗の成分があることで、酸化してしまうと栓のように詰まってしまうのです。この油を取り除いて、毛穴を清潔に保つこと、頭皮を乾燥させない事が大切です。頭皮が乾燥するとどういった事が発生するのかというと、フケが発生しやすくなります。フケは、洋服を着る時にボロボロと白い粉が出て、嫌な印象がありますが、一番は、フケが皮膚の上にいる細菌のエサになってしまうことなのです。エサになることで本来、増える必要がない最近が増えてしまうことで、頭皮が酸化してしまいます。フケや油脂は細菌の格好のエサになるのですが、油を食べた場合が厄介でその物質が酸なのです。人間の皮膚は基本的中性に保たれていますが、この表皮のバランスが崩れてしまうと、肌が荒れやすくなってしまうのです。

頭皮に栄養を与える

髪の毛を生やす毛母細胞はどういった栄養を好むのか?それは、タンパク質とビタミンE、Bになります。タンパク質は、頭皮で一番重要な部位である、毛母細胞の栄養分になります。髪の毛は多くのタンパク質がより重なって、出来たものです。この栄養分が無いと髪の毛自体を成長させることが出来ませんし、毛母細胞も活性化しなくなります。特に女性でダイエットしている時にタンパク質を摂取しないことはこの抜け毛の大きな原因になるのです。次に、栄養が行き渡るには、血管がきちんと機能をする必要があります。血管の系が狭い状態の場合は、どんなにタンパク質を取っても栄養が十分行き渡らないのが問題になります。ビタミンEは、そんな頭皮の血管の径を広くしてくれるビタミンなのです。次に摂取すべきがビタミンBです。これは血管の組織を破れにくくしたり、タンパク質の合成を補助することが知られています。一番の働きは血管の周辺の筋肉が、ほぐれることで、血流自体が非常に良くなる効果があります。血管の柔軟性を高める効果があるので、是非摂取したい栄養分なのです。

ストレスを溜めない

ストレスは抜け毛に大きな関係があります。ストレスが多くなってしまうと、人間の髪は必然的に抜けてしまいます。円形脱毛症等はこうしたストレスによって髪の毛の量が抜けてしまうことになります。原因はストレスによって、交感神経が過剰になってしまっていることによって発生します。交感神経が過剰に働くようになる時間が長くなると血管の径が狭くなってしまい十分な栄養分が血管から供給されなくなってしまうのです。また、ストレスホルモンの関係で、体の中のストレスを緩和させるために必要な栄養分が髪の毛に行き渡る割合が減少するのと、頭皮の老廃物が残ってしまっている状態になります。そのため、ストレスがある状態が長期間続いてしまうことは大変大きな負担になるのです。もし、発毛のケアの種類で悩んでいるなら、ストレスを無くす生活習慣を維持することも大切なのです。

まとめ

発毛のケアの種類は頭皮を清潔にして皮膚呼吸が可能な環境を整えてしまうこと、毛母細胞が欲している栄養分を意識して摂取を行う、ストレスを溜めない、この3つをまず最低限やっていく必要があります。一つだけをやるのではなくて、髪の毛が抜ける原因を同時に消すことで改善が出来るのです。